ファミコンと年齢が同じというおじさん日雇いレタスです。


たまにはパチンコパチスロ以外のことも書きたいと思います。





よく考えたら、今の中高生は生まれた時からPS2があるわけなのか。すごい話です。






老害レタスはシミュレーションが好きでして、特に競馬ゲームを好みました。


数々の競馬ゲームを遊んできた男の雑レビューお付き合い下さい。







【SFC編】






ダービースタリオンⅢ

私の競馬ゲーム童貞はダビスタⅢに奪われた。
なんとなく競馬に興味を持ち始めた頃に友達から薦められ無事競馬オタクに。
以後20年間以上の競馬ファンに至る。


Ⅲは騎手、競走馬の実名化はされておらず、小田部、滝登、騎士、横乗…
アグリキャップ、スーパークリック、サッカーボール、ヴェガ…といった噴飯もののネーミングだったが当時は特に違和感を感じなかった(知らないからね)。

ゲーム自体は一晩中オオシマナギサを出すべくリセットを繰り返した。この年代の競馬ファンならば誰しもが通る道。
割とすぐ96に移行したため、

「まーたポテトグラタンかよ!!あああああああああああああ!」

本当に黒い馬体のオオシマナギサを追いかけた記憶しかない。








ダービースタリオン96


ダビスタⅢの後継。

騎手や競走馬が実名化。

競走馬の実名化は裁判にもなった。

本当に朝起きて、夜寝るまでやっていたと言っても過言ではないレベルでハマり当時の繁殖牝馬の名前は今でも覚えてますネ…

エピキュリアンにインソムニア、パリティビット、サヨナラ

…新馬戦でナリタブライアン出てきて絶望するのは通過儀礼。










ウイニングポスト2

個人的な時系列では、かなり後になって遊んだ一作。(SFC版よりも先にPSのファイナル97を遊ぶ)

PSのダビスタ以降、レタスは完全にウイニングポスト派に鞍替えするのだが当時はまだ過渡期でありこのウイポ2は恐る恐るプレイしていた。

競馬シミュレーションながら、RPG的なグラフィック、さらに30年の時間制限というシリーズ異色のシステム。
毎年生まれるスーパーホースたちとの死闘…
これから10数年間続くレタスのウイポ生活の中でもお気に入りの一作である。

やはり皆さん大好きな
サードステージ→
ウインドバレー→
ラストステージ→
ウイニングポスト

この芸術的なサイアーラインはどうしたものか…
年数制限は是非復活していただきたいです。









武豊GIメモリー
 
SFC編のトリを飾るのはワゴンセールで500円だった武豊GIメモリー。ダビスタを100倍薄めたモードとメモリアルモードがあり、過去の名馬を調教できるメモリアルモードしかやらなかった。



選べる名馬は

テンポイント
ミスターシービー
スーパークリーク
メジロマックイーン
トウカイテイオー


と豪華絢爛。

しかしこの名馬たちを調教しても…


全く勝てない。
未勝利戦すら勝てない。
なので全く面白くない。
すぐ飽きた一作。


おかしいダルオオオオオ!!

ちなみにスーパークリーク、メジロマックイーンは武豊自身の騎乗馬。

テンポイント、ミスターシービーは武豊がファンだったので納得であるがトウカイテイオーはなんなんだ…?



PS編に続きます…?