カテゴリ: エヴァンゲリ論

エヴァンゲリ論、最終回はヱヴァンゲリヲン9です。

8代続いたループタイプから回数切り確変のSTタイプへ大きくモデルチェンジしました。











ヱヴァンゲリヲン9

大当たり確率:1/390.1
高確率:1/62.6
賞球数:3&2&3&10&15
カウント数:9C 
確率変動率:100%
ST継続率:80%
導入日2014年12月
販売台数:10.3万台
(別スペック含むともっと多い)






・Q素材完全解禁
2012年公開のヱヴァンゲリヲン新劇場版Qの素材をふんだんに使った演出となっている。破を三作使い回したことから液晶演出はマンネリ化していたが、Q自体面白かったかは別として演出としては目新しさがあった。







・専用筐体、盤面
8から大幅リニューアルとなった専用筐体を使用。コアをイメージしたチャンスボタンはユーザーに大きさ、見た目ともに大きなインパクトを与えた。
さらに2枚の透過液晶を活用し初号機役モノを盤面奥に隠し、要所と大当たりで出現させる。
同年は『牙狼金色になれ』という革命的な筐体が登場したこともあり、エヴァ9の筐体のインパクトは薄れてしまった感はあるが、エヴァ筐体の完成現役形と言っても過言ではない。





・シリーズ初のST
8まで続いたループタイプから80%継続のSTタイプに変わった。VST主流のトレンドに寄せた感はあるが、100%突入STで間口を広く人を選ばなスペックにしているところは好感が持てる。
8個保留なので初回大当たりから16ラウンドを狙えるのも良い。




・液晶演出
Q素材を使った新演出以外は、8からマイナーチェンジ程度で踏襲しているところがほとんどである。ちなみに8で大当たり確定だった金保留は9では赤保留とほぼ同じ信頼度、保ゼロの変動はほぼ擬似連という点を見ても、『専門学生が卒業制作で作った』説を継続せざるを得ない。






総評
エヴァ8が酷かったので若干よく見えたのは否めない。が、エヴァ9も大概である。
保留変化のイライラ感(例えば緑保留があり、液晶上に保留変化のアイコン発生しても緑保留ではなく、違う保留を白保留にする)など、

テメェ…パチンコ打ったことあんのかよ?

という点が散見されるが、やはりエヴァ8が酷すぎて許せてしまう。




最後に
ナンバリングとしてはXがあるのですが、実際打ってないし、打ちたいという気持ちもないので何も語れません。
大きく勝った人が大いに語ればいいと思います。


本当に代を重ねるにつれて私はエヴァを語れないし、エヴァは語らせてくれなくなりました。

規制によりスペックが変わることは仕方ありません。


新しい演出を搭載するのもわかります。


変えなく良くない?という点も多々変えしまいもう何の個性のない機械になってしまったのは至極残念です。



懐古厨のオヤジの寝言はこれにて終了です。


それではクソイラつく液晶演出と決別した時、リリースされるであろうCRドラムエヴァンゲリオンでお会いしましょう。

ご愛読ありがとうございました。

(了)

エヴァンゲリ論第8弾はヱヴァンゲリヲン8です。

罵詈雑言、悪口しか書きませんのでエヴァ8信者の方はブラウザバックを推奨します。







ヱヴァンゲリヲン8
~BATTLE OF EHRE~

大当たり確率:1/319.7
高確率:1/31.97
賞球数:3&2&10&12
カウント数:10C
確率変動率:70%
時短込み継続率:約78%
時短100回転
小当たり確率:約1/477

導入日2013年7月
販売台数7万5000台










・専用筐体
筐体右側にしがみつくJC、SANKYOお馴染みのレバー部に睾丸を思わせる赤い玉、ハンドルに開発陣のセンスを誇示する使徒のデザインが施されている。




・純正8個保留搭載
「ヱヴァ8か...8ならさぁ…8個保留にしちゃう??ウェーイwww」

みたいなノリでそうしたんだろどーせ。
ただ8個保留機のアウト性能の良さを十二分に発揮し、高稼働に繋がった。








・潜伏、小当り搭載

「エヴァもさぁ…潜伏つけた方がホール喜ばない…?小当り確定の専用ステージとかマジセンスある感じじゃない?ウェーイwww」

とこんな感じで取って付けたようなミッションモードからの潜伏確変あり。ミッションモード以外からは潜伏はしないのにも関わらず、他にも小当りから移行するステージが複数存在。 




潜伏の可能性はゼロ。

あのさぁ…小当りって潜伏と表裏一体で示唆として存在するわけで、潜伏の可能性もなく小当りが確定するだけのモード移行になんの意味も見出せない。

「意味のない特殊ステージの演出をお楽しみくださいwww」

と本気で思っているのだろうか。
今まで何かを示唆する意味を持たせなかったミッションモードに潜伏の期待を持たせたのは新しいのかも知れないが、そこはすでにギャラクシーエンジェルが5年前に通過していた。













・モバイル連動機能

ヱヴァンゲリヲン7からあったモバスロ&モバパチをSANKYO系のモバイル連動機能と統合。京楽のぱちログを意識したやり込み要素のある作りとなっている。
1変動の演出ごとにポイントが割り振られ激アツ演出ほど1変動のポイントが高い。1変動のポイントランキングまである。
何を言ってるかわからないかも知れないが要は激アツハズレ後のユーザーの心理を逆撫でする

やったね!この激アツをハズしたけどランクインだよwww

これを考えた人の罪は重い。








・演出
ヱヴァンゲリヲン7をさらにうるさく賑やかに。
7で安くなった擬似連は8ではタダ同然に成り下がった。
十字爆破役物が大当たり。初号機役物はチャンスアップの役割を担う。クソダサいヱヴァンゲリヲンロゴ。
もう知らん。







・総評
エヴァシリーズをカルピスに例えるならばセカンドインパクトまでは原液、キセカチ〜シ者までは濃いめのカルピスウォーター、始まりの福音は標準のカルピスウォーターのようなもの。

ヱヴァ7で一気に薄くなり、ヱヴァ8はカルピスウォーターを100倍以上薄めたようなもの。

個人的にはパチンコエヴァシリーズにおけるワーストは揺るぎない。

少なくともどこの会社にもマーケティングなど情報や意見を精査するところはあると思うが何の声を拾い、何の情報を元に機械を作ったのか?


作る立場の人は…というか社内で評価してゴーサイン出す人はパチンコなんて見下して打たないってスタンスの人が多いのだろう。


私は「ヱヴァンゲリヲン8はパチンコ打たない専門学生の卒業制作で適当に作った説」をずっと唱えている。

じゃなきゃこんな風にはならないでしょ。


言わば名前だけ一緒で中身はオリジナルメンバー皆無のバンドのようなもの。


原点回帰を謳う最新作が出るようだが何も期待してはいけない。




(了)














エヴァンゲリ論第7回はエヴァンゲリヲン7です。

キセカチからシトフタ、そして福音から7とエヴァシリーズ大きな変換点となった一台だと思います。






CRヱヴァンゲリヲン7


1/309.1(高確1/30.9)

3&10&14

確変60%

時短100

導入日2012年1月

販売台数10万台



前作から1年8ヶ月ぶりの新作は初のナンバリングタイトル。これまでサブタイトルのみでナンバリングはしてこなかったエヴァシリーズだったが本作以降は全てナンバリングタイトルとなっている。
シ者、福音の大量導入→即飛びに懲りたホールが多かったこともあり、セールス面では前2作の半分以下という結果となった。
スペックはほぼラウンド固定の確変60%のループタイプ。 
出玉約1390個。時短100回。

Bisty「どうすか?初当たりが甘くてラウンド固定!これこそエヴァでしょ?」

とドヤ顔で言ったかどうかは定かでないが、少なくともドヤ顔するレベルではない。
1/262〜1/256で1800個固定で取れるスペックが初代にもキセカチにもあったからだ。
トレンドを取り入れてランクアップボーナスも搭載しているが振り分け的にもそうそうお目にかかれない。








演出面の大幅リニューアル


本作のセールスポイントはスペック面での原点回帰と演出面の大幅リニューアルである。

エヴァ史上最多!
多彩な先読み20種類以上!




今回はよく言えば多彩な先読みがユーザーの期待感を煽る。ユーザーの不快感も煽る。


福音ではコアフラ以外の先読みは熱いorスーパー確定であったが、ガセ上等ッ……!!と高尾のカイジになってしまったのか…と思わざるをえないのである。


伝統のステップアップ予告はリツコ、ミサトまでではリーチ確定ではなくなった。


キューブの他にも十字爆破もあり、さらに枠にも銀、金以外にも赤が増えている。(セクシー系SU知るファンには悲しい限り)


演出にループ性でもあるのかとにかくガチャついてくどいのである。



リツコ「カツラ喫茶! 」

リツコ「希望を担うパイロットが気づ」

↓ 

レイ「私がいくわ」 

↓ 

ミサト「総員突撃に備え 」

↓ 

リツコ「カツラ喫茶ッ!! 」

↓ 

楽しみだな♪食事会♪ 

リツコ「カツラ喫茶ッ!!! 







レタス「うるせぇッ!!!」




の繰り返し。

イラついたのは私だけではないはず。前作まで踏襲していたものをかなりの数捨てた印象である。


なので長時間打つ際は通常時、居酒屋ステージ固定でステチェンしないのがオススメなのだ。











ユーザー目線だけで断罪して良いのか?

かなりの長い時間…というか個人的には史上最低の評価である8の正体に気づくまでエヴァ7を心底忌み嫌っていた。

それは変えて欲しくないところを変えてトレンドに擦り寄る姿勢を理解したくなかったのかも知れない。8を打って「7のほうが100倍マシや…」と気づくまでかなり歪んだ視点でこの機械を見ていたのは間違いない。




我々、1ユーザーは開発者と直接話して心通わせることは叶わない。


ユーザーの一方的な評価でしか…ある意味では評価というより断罪されるしかない開発陣もやはり雇われているサラリーマンでしかない。クリエイターというにはあまりに自由がないのではないか…

という点で考えれば、これほどマーケットシェアを誇るフィールズのメインコンテンツに稼働が良くなかったシ者や福音と同じ演出踏襲など上司が許さない。


目先を変えた派手で新しい演出が社内ウケする。

シ者、福音との違いを誰が見てもわかるようにする。

という社内事情が見えてこなくもなかろうか。

もちろん聞いたわけでもないので想像であるが失敗できないプレッシャーと期待の中で飼い犬と化した開発陣の上司を伺う顔はユーザーのことなど置き去りの社内レクリエーションのようなものだ。



唯一、目を見張るのはエヴァ系リーチの根本を変えたところだろう。

今までエヴァが
図柄を切り裂いたり、壊したりするのが基本だったわけだが、




エヴァ7からは
図柄ではなく敵を倒せば大当たり

という変更をしている。ここだけは世界観にマッチしてて素晴らしいと思う。

が、結局カットインの強弱だけゲーになってるので気にもならないのではあるが。


結局、販売台数が大分減ったことにより稼働も普通に戻る。

ここを起点に大きく変わるエヴァ。


復調の8、躍進の9と続くのであった。

(了)








エヴァンゲリ論第6回はヱヴァンゲリヲン始まりの福音です。


個人的には大好きなのですが、前作の最後のシ者同様に適正台数を大きく超えた過剰供給から厳しい評価を突き付けられ、パチンコエヴァ失墜の戦犯として扱われることが多いです。












CRヱヴァンゲリヲン
〜始まりの福音〜

1/358.1(高確1/38.8)

3&3&15

確変70%

時短70回

導入日2010年5月

販売台数21万5千台

レタス評価:スルメ



クソアタッカーは店に殺された




ザックリ概要
前作、最後のシ者から1年弱で登場した後継機。

本作より新劇場版に完全に移行し、パチンコシリーズでは初めて新劇場版破の素材を使用している。

スペック面では大きな変化が見られ、

確変70%
8or15ラウンド
時短70回

と、確変65〜67%でラウンド固定、時短100回だった今までのシリーズと大きく異なる。


筐体はSANKYOのVコン枠をベースとしたエヴァ専用筐体。V-コントローラーで新たなゲーム性を創造していなくもないが必要不可欠でもない。というかいらない。









評価点



真希波・マリ・イラストリアス初参戦
破の素材が使えるということで新キャラのマリ登場。演出には随所にチャンスアップまたはアスカと同列の扱いで出現する。 7以降のクソコネメガネとは別人。







多彩な演出の追加

保留変化初搭載に加え、ドックン先読み、カウントダウン、コアフラなどの保留先読み、各パイロットの擬似連にストーリー擬似連と、多彩な予告が追加された。







問題点

店の扱いが酷い

過剰供給による悪循環が生んだ悲劇。即回収に走ったホールのクソ調整により稼働の悪化スピードは類を見ないものであった。結果的に福音のポテンシャルをユーザーは知ることはなかった。特にアタッカーは酷いものでオーバー入賞ではなくタイムオーバーになるのこともザラであった。








確変中のシリアスSU

レバ確も多彩なのだが、
確変中はシリアスSUリツコorミサトで通常大当たりを引くことが非常に多い。
チラリツなら突発などまだ救いがあるが熟女2人は絶望しかないためユーザーの反感を買う結果に。






総評
個人的には本作はベスト3には入る。しかし、ミドルのゴミのような調整には辟易しており概ねライトスペックの評価だというところは否めない。


静寂→いきなり熱い


というギリギリエヴァらしさを辛うじて保っており、当時は新鮮だった破の素材をふんだんに使っている点も評価してほしい。


新劇場版破は始まりの福音で終わらせてよかったのではなかろうか。


そう思えるほどその後のパチンコのエヴァは悪い意味で大きく変貌を遂げるのであった。



(了)



エヴァンゲリ論第5回は新世紀エヴァンゲリオン〜最後のシ者〜です。
実は3〜4回しか打ってないため多くは語れません。


本作はシリーズ最大の販売台数を記録しましたが、稼働は低調に終わり、それまで右肩上がりに伸び続けたエヴァブランドが初めて挫折を味わうこととなりました。














CR新世紀エヴァンゲリオン
〜最後のシ者〜

1/346.8(高確1/34.7)


3&3&10&13

確変65%
ヘソ2R30%
電チュー2R3%


時短100回

導入日2009年4月

販売台数23万7千台

レタス評価:賛否両論













ザックリ概要
  前作使徒再びから1年弱と登場した後継機。
「最後のシ者」という名に相応しく渚カヲル(非ホモver)を全編おいてフューチャーした作品となっている。

時期的に新劇場版素材が使えそうな段階(序が2007年公開)であり、パチンコもTV版素材から新劇場版素材へと変わる過渡期にあたる。(後述)

TV版演出が使用されるは本機が最後である。(多分)



スペック面では使徒再びと大きな変化はない。

が、見せ方には当時のトレンドが見て取れる。

確変にチルドレンモード(渚カヲル編)
時短にはチルドレンモード(有象無象編)

と名前がついた。

有象無象の既存パイロットのモードには内部確変を示唆する意味合いがあり、隠れ確変要素を演出する。
(ユニゾンの特訓モードというのもある)

これは当時のバトルスペック黎明期(花の慶次、北斗の拳)と京楽の進化系パチンコにインスパイアされたものと思われる。
ちなみに同様の隠れ確変は海物語にも搭載されていた。潜伏にしないのは多少良心的ではある。










CMに衝撃を受ける
  まだパチンコ機種のCMを流せた時期であり、最後のシ者のCMも流れていた。


下の動画は実際流れていたものであるが




ふぁぁぁぁぁぁ!
超かっこいい!!



と興奮したのを覚えている。





この他にも初号機がポジトロンライフルを打つバージョンも見たのでCMは何種類かあったと思われる。












リーチカッコよすぎ問題
   本機で1番力が入っているのがプレミアムリーチ「第6の使徒vs渚カヲル&四号機」である。



まずは見ていただきたい。



いやぁカッコいい。
BGMの集結の園と相成って幻の四号機が映える。
前にも書いたが私はエヴァ7以降の露骨なホモは嫌いで、もしこのリーチに出ていたならば

「君を守るためにやってきたよ///」


とか言いそうだ。



しかし、本リーチでは

「月が綺麗だね」

「そう思わないかい?」

「碇シンジ君!」

これだけ。
やっぱ奥ゆかしいホモがナンバーワン!





ちなみに出現率は

1/10084295.3

1008万4295回転に1回しか見れないってどういうことだ。
(確変中はもっと出現率は上がるかも)



前述のTV版と新劇場版の過渡期というのがこのリーチにも如実に現れており、
他のエヴァ系リーチにはマトリエル、バルディエル、レリエルなどTV版の使徒名で出現する。

しかし、このリーチはラミエルではなく「第6使徒」と新劇場版に準拠している。

新劇場版準拠かと思いきや渚カヲルの搭乗機(?)はエヴァンゲリオンMark.06ではなく四号機と…しっちゃかめっちゃかなのだ。

単純に

新劇場版素材を使いたい!けど足りない!

そんなメーカー側の苦しみが伝わる。











おわりに 
  あまり打ってない故になかなか多くを語ることができない。
初当たりは2回しか引いてないのであるが、初めて確変当たりを引いた連チャン中に渚カヲル覚醒モードも引いた。









これは反則。正直全回転不可避と思ってドヤコーヒー買いに行って戻ってきたら「あ…2確かよ…」と多少落胆したのは言うまでもない。




しかし、この覚醒モードの導入部といい、冬月の独白「ネルフ、誕生」をモチーフとしたゲヒルンモードといいTV版の掘り下げはもはやここに極まれりといった印象だ。

ちなみに先読みのカウントダウンも確か本機からかと思われる。


前述の販売台数の過多による客飛びのイメージが強く甘デジ帯が販売されなかったのはいたく悲しい。

ライト帯でもなんでも良いのだが当たりが軽いスペックで最後のシ者を楽しめれば評価もまた変わった可能性は高いと思う。





(了)

↑このページのトップヘ