カテゴリ: 解析コピペ丸

 











じゃんじゃんジャーン!
こにゃにちは!!
 みぃはにゃん○ゅうだに゛ゃあん!











    
今日は日雇いレタスに変わり、みぃがデビルマン悪魔ノ黙示録を回していくに゛ゃあ。


























幻のデーモンステージに…

入ったに゛ゃあ… 


チャンスリプの1/44でRTに移行した後、抽選と言われていたに゛ゃが、サバトチャンス終了直後のRTで移行したに゛ゃ。 


1/17175という存在自体がプレミアムなCZ...



ここは…勝負どころ…だに゛ゃあ






















お゛お゛お゛ん゛
お゛お゛お゛ん゛





ついに…ついにこの日が来たに゛ゃあ…

この最上位CZでチャンスリプからボーナスを引くとは…

ここでボーナスを引くということは

全人類が知りたかったデーモンステージ中ボーナスの恩恵が判明する瞬間…


明おさんのヤル気が満々に゛ゃあ!


















ということで、CZ中のボーナスはサバトチャンスではなく、すべてデビルボーナスになるに゛ゃあ。

CZ中のボーナスは高設定ほど3個or5個のストックに期待できるんに゛ゃが今回は設定1だから関係にゃい話…











さて、この後が重要…
ただの崩壊ステージ(CZ)ならいざ知らず、デーモンステージのボーナスとあれば自ずとさらなる恩恵に期待

してしまった疲れからか不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。 後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…






























 お゛お゛お゛ん゛
 お゛お゛お゛ん゛      
  お゛お゛お゛ん゛






サタンテーブルに゛ゃあああああああ!


















GET413枚




 
お゛お゛お゛ん゛……///




     魔界村へ    

                     にほんブログ村 パチンコブログへ

















こんにちは。
好きなセクシー女優は希志あいのちゃん。
どうも日雇いレタスです。


今回はユニバーサルから2015年11月にリリースされた


A+ARTの傑作である前作ビルマンⅡ悪魔覚醒のファンを文字通り阿鼻叫喚の地獄に堕とした問題作


  
  デビルマンⅢ
                   悪魔ノ黙示録

を楽しむ記事を書きたいと思います。





さて、全国2000台前後とレア台の本機ですが皆さんのお近くに設置はあるでしょうか?


都道府県によっては検定申請すらされておらず今後も設置はないかも知れません。




パチスロ素人の私でも調べれば分かるように、パチスロは旧基準と新基準の大きな転換期を迎えており、このデビルマンもベースの問題も含め前作のマイナーチェンジというよりは大きなモデルチェンジとなっています。




これだけゲーム性も大きく変えて仕舞えば前作が名機名機と美化されている以上、
※実際名機なんだろうけど
デビルマンⅢの船出は最初から苦難の旅路だったと言っても過言ではないでしょう。




私は前作に全く思い入れもなく、興味もなかったのですが近くに設置があったことと、悪魔覚醒したmomoさんがやたら推しているので半信半疑で打ってみたところ…

これはなかなか趣深い。いとをかし。




しかし通常時は誠心誠意心の底から本当につまらないのですが、


ARTは本当にヒリつく自力継続…(恍惚)


特にART後半パート、バトルオブアポカリプスはテメェのアイコンでベルを引き敵のアイコンでいかにベルを引かないかだけのゲーム性。一転攻勢の悪魔覚醒もあるけど、至ってシンプル。




ベルを引いて攻撃のモンスターハンター月下雷鳴しかり、兎にも角にも勝舞玉を貯めるだけの北斗転生しかり出玉に関わる部分がシンプルなゲーム性ほど中毒になる気がします。



しかし、通常時を制さなければ、デビルマンⅢは楽しめない…



多少なりとも楽しめるように各種数字を見ていきましょう。




まず、ARTの突入への道程ですが、基本的にはサバトチャンスというゴミボと崩壊ステージというCZになります。








【サバトチャンス】
異色7揃いの枚数管理擬似ボーナス。

レア小役…チャンリプ、3連チェリーがメイン当選契機。


このサバトチャンス、前作に深い思い入れがあるデビルマンファンを暗黒面に堕とすには十分すぎるゴミボで、ここで諦めたという人もいらっしゃるのではないでしょうか。


そのとおり、ARTへの突入契機というにはなかなか厳しい性能となっています。



サバトチャンスは内部的に0〜5までの内部モードがあり、消化中の小役でモードアップ抽選、モード5でART確定となります。



レア役は必ず1ランクモードアップ

滞在モードにもよりますが、押し順ベルは期待薄、ナビなしの共通ベルならば50〜25%でモードアップ。

モード3まで上がると共通ベルが一気に劣化し3.13%でしかモードが上がらなくなるため、ア役なしだと現実的に1回のサバトチャンスでモード3までというところでしょうか。


各モードのART当選率は次のとおりです。

モード0  0.78%

モード1  0.78%

モード2  3.13%

モード3  6.25%

モード4  18.7%

モード5 ART確定


モード3で約1/16、頑張ってモード4まで上げても当選率1/5以下とハードルは高くゴミカス程度の枚数を持ってまた地獄の通常時に叩き落とされます。

サバトチャンスの1G目に白7を狙うジャックインさせますが、気にしなくてもいいです。

白7揃いはART確定。
momoさんはサバトチャンスで3回白7揃えた^^とほざいていたが、サバトチャンス中の白7揃いは1/3855

しかし、ジャックインの1/128で別格のモードに移行し、1/8で白7が揃うため多分それだと思われます。








【CZ】
サバトチャンスが重い割に役立たずなため、体感的にARTのメインルートはCZとなります。

CZの抽選は黙示録モードというクソ面倒なモードが司っています。

黙示録モードには低確、高確、発動という3つにさらにA、B、Cの概念があります。 



画像左の黙示録アイコン開放がまずCZへの第一歩となるので



低確でレア役を引き高確移行

高確は全役で発動移行抽選

発動は全役で黙示録開放抽選

という流れになり、

A〜Cというのはモードの転落率に関わる概念でCは転落しづらいそうです。






アイコンには
青、緑、赤、紫と種類があり、ここでベル引くことでCZ抽選。

各アイコンのCZ抽選は以下のとおりです。

青  15%
緑  40%
赤  82%
紫 100%

うーむ、私はアイコンでベル引いたときにポイントを獲得して最後に抽選かと思ってました。そういう感じの演出なので…しかし、一発抽選なんですね。




   CZ崩壊ステージは以下のとおり
30G完走を目指し、敵アイコンでハズレを引かないように頑張るのです。

 
実は24G継続すればART確定です。
30G完走は初回サタンバトルの恩恵ありとなります。


内部的には1〜20のマップ抽選が突入時にされており、マップ1は24GでART確定。マップ2以降はART確定となるゲーム数が1ゲームずつ短くなります。
選択率の50%以上はマップ1〜5なのですが上位マップも現実的にあり得えますね。



ART確定となるゲーム数に到達せず、敵アイコンでハズレを引きCZが終わった場合、ART抽選をします。ここは低設定は絶望的な数字となっています。

設定1  3.10%
設定2  3.42%
設定3  6.25%
設定4  6.45%
設定5  7.81%
設定6  20.31%



この世には設定1しかないんや… 
自力で20G近くまで持ってくしかないんや…



さらに回避ポイントが存在し、スタート時に1ptは必ずあります。
敵アイコン時に1pt消化して味方アイコンに変化、完走のチャンスを広げてくれます。
CZ中のレア役は回避ポイント獲得抽選とボーナスを抽選しているのです。 

※CZ中ボーナスはART確定。ここも6は別格で1/8でストック3個か1/32でストック5個という恐ろしい性能。





ここまで通常時に待つべきものたちの数字を羅列してみましたがいかがでしょうか。

やはりCZからARTが現実的な気がしますし、体感的にもそう感じます。

マップの選択率を見るに20GでART確定するマップ選択率が約7割。

CZでは土俵際の驚異的な粘りが本当に重要となりますね。


ちなみにさらに上位のCZ


が存在するのですが、これの突入契機がチャンスリプレイ成立時の1/44で移行するRTで抽選するものであり、RT滞在G数2G程度で何が出来るんじゃというところです。設定1で1/17000とプレミアフラグ並みの突入率となってます。もちろん見たことありません。


通常時についてはこのくらいでしょうか…






さて、かなり長くなりましたので、今回はこれにて閉廷です。


どうか皆さんのお近くにデビルマンⅢ悪魔ノ黙示録の設置がありますように…


通常時は本当に本当に修行だけど、サウンドも演出もカッコイイから是非触ってみていただきたいと思います。





次回

フリーズ引いてショボ乗せ引き弱丸の巻

ARTも解説します。




とはいえ先に歴史シリーズとやります。
       魔界村へ 

                     にほんブログ村 パチンコブログへ
                   にほんブログ村 




↑このページのトップヘ