カテゴリ: コラム

※夢の中の話です。フィクションです。ファンタジーです。





???「シスタークエストを取り扱うならウチの製品を一切卸さない。」




そんな通達を某メーカーが販社、代理店にした。

という噂を聞いたのが先週だった。











■シスタークエストシリーズ


パチスロから撤退したSNKプレイモアの「シスタークエスト」は正に無敗のキラーコンテンツ。同じく無敗を誇る「スカイラブ」と並ぶパチスロにおけるSNKの二大巨頭。


そのシスタークエストが5年の月日を経て復活。



もちろんSNKプレイモアからではなくハイライツエンタテイメントという別のメーカーからリリースされる。



  ピーワールドの機種別ページを見るとパチンコメーカーに比べパチスロメーカーの数は倍以上多い。

しかし半分以上は廃業、撤退しているメーカーである。

パチンコに比べると参入条件は低く、間口は広いものの、その後コンスタントに商品をリリースし生き残ることは非常に難しいパチスロメーカー。

この聞いたこともないメーカーにシスタークエストを任せて良いのか…








■アイ電子

ハイライツエンタテイメントという会社が表舞台に出てくるのはアイ電子との合併が最初である。

アイ電子…
パチスロ及びホール周辺機器メーカー
(代表機種:ソーラー7、鬼神7)
というかこの2機種しかリリースしてない


アイ電子は昨年7月にハイライツエンタテイメントと合併して社名を変更、ハイライツエンタテイメントに生まれ変わる。


ハイライツエンタテイメントのHPにて、沿革を見てみるとまんまアイ電子の沿革であることがわかる。



ということでハイライツエンタテイメントは昔からある会社ではなく、アイ電子を吸収合併するためだけの会社である。











■ハイライツエンタテイメント


ハイライツエンタテイメントの後ろには大きな金主がいると思うのが定石。


と調べていくと金主は東証2部のJトラストという企業に行きつく。


Jトラスト…
金融業、不動産業を主とした企業。
ゲームセンターのアドアーズを運営している。




要するにJトラストの遊技機事業進出のための会社としてハイライツエンタテイメント、その為に肥やしになったアイ電子という図式が見えてくる。


バックに潤沢な資金を持つ上場企業がいるというのは今まで消えていった泡沫のパチスロメーカーとは大きく違う。


これはシスタークエストも安泰なのか。












■因縁


アミューズメントジャパン11/14号にてハイライツエンタテイメントCOOがインタビューに答えている。


2月より就任した長谷川哲也代表取締役社長COOの前職はサミーのIR担当だったが、Jトラストの遊技機事業参画に魅力を感じ、サミーを離れたようだ。



会社情報を見ると長谷川COOの上には中山圭史代表取締役会長CEOの名前がある。

こちらは前セガサミー社長であり、里見会長の右腕と呼ばれる存在だった。
しかし、2013年に突如相談役を辞任し、今年ハイライツエンタテイメントの会長に就任。


元サミーが経営トップを占めるハイライツエンタテイメント。

正直、

「派閥争い、内紛の果てじゃね?」

と誰もが思うような体制がゆえに


サミー「シスタークエストを取り扱うならウチの製品を一切卸さない。」


などという噂が跋扈したのだろう。


噂…なのかどうかはわからないがシスタークエストの導入台数が伸びなかったらこの線も疑っていただきたい。









■新しいビジネスモデル

この金融業メインの企業をバックにしたメーカーの強みなのか、投資ファンドを使って資金を集め版権を買い漁ってると聞く。(放映中の人気アニメも持ってるとかなんとか)


この点に関してはフィールズの独壇場だったところに第二の勢力が生まれたとも言える。

グッバイフィールズ。


昨今の事情を鑑みるに版権が強ければ名機ということはないのだろうが、それにしても今まで喉から手が出るほど欲しかった版権が手に入る可能性もある。



何はともあれ、シスタークエスト及び次機種スカイラブには機械と共にメーカーの動きとしてもハイライツエンタテイメントには注目せざるをえない。

さぁ



 







 

サミーと全面戦争じゃ!








(了)



絶賛稼働中のCRF.タイガーマスク3

超高継続!98.8%!

と著しく射倖心をくすぐってくる。

この65%継続で停滞気味の新基準機市場に切り裂く1台。さすが業界の盟主SANKYO様。

SANKYO万歳。

SANKYOマンセー!

vivaSANKYO~~!(*^^*)



















なんて思ってるわけねーだろ馬鹿野郎。表出ろ。







■仕組み

ご存知のとおり、新基準機は確変継続率65%以下。

なのに新基準機のタイガーマスクが98.8%の継続率をなぜ持てるのか?

表面上のスペックはアフィカスサイトに書いてあるのだろうからそちらをご覧いただくとして、

ループにしろSTにしろ65%以下の継続率しか持たせられない以上、タイガーマスク3は大当り以外で出玉を増やしている。




タイガーマスクにおいて大当たりは出玉を増やす役割ではなく、内部状態を移行する役割を担う。

実際に出玉を増やしているのは普通図柄、つまり電チューである。


「確変継続率に限界はあっても、電チューの開放抽選に限界はないからwww」


タイガーマスク3のコンセプトはここにある。









脱法ハーブ的な1台

タイガーマスク3がアウトかセーフかという議論となれば、保通協で適合し、各都道府県の公安委員会からお墨付きをもらっているわけなのでまごう事なきセーフだろう。


しかし、果たしてホールでの遊技方法で試験をしたかは疑問符が付く。



まるで「観賞用ですよ~~」と謳い実は違う目的で乱用されている脱法ハーブのようなもの。


現行内規の試験方法の穴をつき、欺いた1台と言える。



そもそもこのタイガーマスク3、ラッシュ突入率は50%と謳っているものの直撃ラッシュ突入率は50%ないようで、ラッシュ非突入時短1回時の引き戻し込みの突入率となっている。


ちなみにCR涼宮ハルヒの憂鬱も北高祭突入率が公表通りの53%はない(※1)と聞いた時もショックだったがなんでこのメーカーはいちいち盛るのだろうか…?

※1 図柄揃いの直撃は42%程度。初当たりも本当は1/328である。












■舌の根も乾かぬうちに


今年1月、SANKYOはもうお腹いっぱいのファーストガンダムのパチンコ最新作に際し、こう語った。



「業界内の問題が一般報道され、パチンコをしている人びとは不安に思っている。日工組でも今後、ベース30の徹底が決定されており、守らなければ未来はない。安心安全に使える機械として本機をたのしんでいただきたい」と挨拶した。


[日刊遊技情報]2016年1月21日より





ここで高らかに謳われたのはヘソの賞球下限である4個ではなく、「ANSHIN5」と称するヘソ5個賞球にすることでベース30を始動口である程度担保しようということ。



彼らの言葉を借りれば大衆娯楽回帰


「ギャンブルではない、娯楽、遊技としてのパチンコ作りをしますよ」


という宣言だ。




なのに




タイガーマスク3はヘソ5個賞球こそ守られているものの、遊びやすさや大衆娯楽と対極にある生きるか死ぬかのギャンブルマシンだ。



「いや~~機械ごとにコンセプトが違いますんでね~」


なんて言い訳は聞くことなかれ。


コンセプトの根底はガンダムの時に言ってたことだろうが。



そもそもMAX機の遊技とは呼べないような出玉性能が問題視されてここまで締め付けられているのである。


MAXが規制され、試験時とホールでの遊技機の性能が違う、不正だ!と国会で問題なっているのにも関わらず、





SANKYO「イェーイ(*^^*)/」



とやっていることに業界の盟主、トップメーカー、上場企業の風格は、ない。











■どうせ他のメーカーも道連れ




タイガーマスク3は確実に規制されるスペックだ。



それを知った上でゴーサインを出し、スペックなどは情報統制、さっさと案件締め切り、数万台を売り抜けたSANKYOは商売人としては優秀なのかも知れない。


が、高らかに謳った安心安全遊技機のコンセプトを翻してまで出すべきものだったのか?今後を見据えた上で果たして最善手だったのか?



タイガーマスク3のスペックが世に出る前から水面下で警察から


「あぁ?てめーらで継続率65%以下って決めたよな?なんだこれ80%?85%?どうなってんの?」


という注意があったという噂がある。




タイガーマスク3も規制されると同時にダークフォース(高尾)、戦国恋姫(藤商事)、巨人の星(サンセイ)あたりの確変65%の拡大解釈スペックも規制されるだろう。




結局、自制が効かずリリースしたのも


「規制される?どうせ他のメーカーも道連れだからwww」


と、業界特有のやらなきゃ損損、やったもん勝ち精神が見え隠れする。




泡沫零細メーカーが一発逆転狙いでという立場ではないだろう。



業界トップを自負し、実力も財力もある規範となるべき上場メーカーがこれですではどうしようもない。


裏ワザで安易に旧内規の継続率再現にベクトルを向けてしまったSANKYOは田所「† 悔い改めて†」


そしてエヴァゲリオン版権は各社持ち回りで作ることにしていただきたい。


あくまで私個人の妄言です。


(了)




※全て妄想です。


パチンコの筐体について何か書こうと思い筆をとりました。が、一向に進まず季節は夏から秋へと移りゆきます。




お元気ですか?ロメインレタスです。




そういえば2012〜3年頃、盛んに議論されていた封入式パチンコってどうなったんですかね?





封入式はゲームセンターのパチンコをイメージしてもらえばいいと思います。


ゲームセンターのパチンコは

・上皿にフタがしてあり玉が触れない

・少量の玉が循環

という形がほとんどです。

CRユニットが一体化して完全に台の中で少量の玉が循環、ユーザーが玉に一切触ることがないのが封入式パチンコです。


メリットとしてはゴト防止を含めたセキュリティ面の向上。


さらにはメーカー全社共通枠になるので機械購入時のコストダウンが上げられます。






ウフフ…
いいことずくめの
まさに地上の楽園だね。








しかし、ホール側としたら







設備の入替費用などないわッッ!





現行のサンドなどの設備一式全部ゴミになり、億かウン千万円の設備費用用意できるホールがどれだけあるかと考えると現実的ではないような。



シマ設備メーカーも大反対しており、実現は難しいそうです。








封入式の話が出た際、一部のパチンコメーカーも大いに反対したそうです。


お気付き方もいるでしょうが、こういったパチンコの大きな改変に食い込み、利権を貪れるメーカーとは大体SANKYO(仮名)です。

 
封入式の特許取得、開発しているのは天下のSANKYO(仮名)だそうです。



あぁ!?SANKYO(仮名)主導だとぉ!?
ふざけんなよゴルァァァ!!



とSANKYOだけが甘い汁を吸うことに反対するのも仕方ないと思います。











??「ウチは枠を含めて1つの作品。邪魔しないでいただきたい。



SANKYOが作る 全メーカー共通枠となると、弱小メーカーは良いのですがお金が潤沢なメーカーは枠を含めて差別化しているので表現の幅が狭まるという気持ちで上記のようなド正論をぶつけ反対したたメーカーがいるようです。




カッコイイなぁ…
























そのメーカーの結果がコレだよぉ!







封入式実現はカジノ法案も並行して成立しないと実現できないので置いておきましょう。



チャンスボタンなんてない時代から、打ってますが、間違いなく2014年の「牙狼金色になれ」は遊技枠のエポックメイキングとなりました。



枠から牙狼の顔が出現して牙狼剣刺すなんて…



これにより枠開発は新たなるステージへと移行しました。

各メーカー特色はありますがボタンバイブは標準装備、風は出る、ボタンは飛び出す、車のハンドルは付く…


もはや、ボタンが振動しないメーカーなんて豊丸くらいじゃない…?


大型のコンテンツには専用枠なんて風潮もあります。



とはいえ詰まる所、「壊れない、下皿が大きい、ハンドルが握りやすく疲れない」を最低限、兼ね備えていればあとは中身の勝負ですので私はなんでもよいです。


遊技枠に革命を起こした牙狼の新作はどこに行き着くのでしょうか。








等身大牙狼出現で激アツとか…?










ヤベェよ…ヤベェよ…





それはそれで楽しみです。



(了)



乙姫
(メーシー.1997年)


前回記事から大分更新が開いてしまいましたな…
極力週一回くらいの更新を心がけますので変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いします。









1991年、麻雀物語(平和)においてパチンコに初めてフルカラー液晶が搭載されて早25年。IPもクソもないパクリ、オマージュの1990年代後半から2000年代前半を経て現在の版権至上主義に至るわけですが、液晶の進化に無視できない問題が出てくるわけです。それは…


























CRミニスカポリス
(大一.2002年)
確変昇乳首露出で確変昇格






エログロ問題




かつては夢夢ちゃんやすももちゃんも乳首ポロリしたり、無駄にお色気アピールしてたというのに



ミルキーバー
(ニューギン.1995年)




2011年頃から警察はエログロ規制に走り出した。









【善良の風俗又は正常な風俗環境を害するおそれがあると認められる遊技機について】


1、性的なもの

ア 性器、陰部、臀部、女性の胸部が含まれる内容又はそれらを想像させる内容

イ 性行為、性的な行為(同姓同士によるものを含む)又はそれらを想像させる内容

ウ 下着姿が含まれる内容

エ 裸体(全裸)が含まれる内容

オ 脱衣の状況が含まれる内容








性器、陰部、臀部、女性の胸部が含まれる内容又はそれらを想像させる内容


例えばこんな機械があったとしましょう。

CR及川奈央のフルーツスキャンダル(仮名)


警察「これ…性器や女性の胸部を連想させるよね?アウト。」




平和「いや性器を連想してるとかどんだけドスケベなんですか?これただの皮むいたバナナですよ?及川さんの大好物なんですよ。そもそもフルーツって機種名に入ってるじゃない。何想像してんすか?こんなドスケベ妄想族に日本守ってもらいたくないですわ。アンタらただの性犯罪の予備軍だよ。」

なんか下手にでなければ論破できそう(安易)。

サンセイのおねだりマスカットも1度はエログロ規制で落とされて、販売が遅れたなどという話を聞きます。フルーツモチーフは唯一の逃げ道なのかもしれません。








下着姿が含まれる内容

パンチラ(モロ?)アニメ一騎当千もパチスロではセーフでしたがパチンコでは不可解な煙などで完全にパンツをシャットアウト!

(写真はパチスロ一騎当千3VV)








性行為、性的な行為(同姓同士によるものを含む)又はそれらを想像させる内容

「同性同士も含む」とあるので

「くそみそテクニック」のパチンコ化も絶望的となりました。ありがとうございました。










2、残酷なもの

ア 生物(人間を含む)に対する残虐行為が含まれる内容
イ 残虐行為の結果又はそれを想像させる内容



残虐行為…北斗の拳が一滴の血も流さずとにかく牛乳を吐いたりするのはこれのせいですね。
原作の世界観によってはオーケーの場合もあるとかないとか。








3、犯罪行為を誘発するおそれのあるもの

犯罪行為又は犯罪を連想させる内容を含み、一般人に犯罪を誘発することとなるおそれのあるもの



どうでもいい話ですが昔、豊丸の台で「脱獄ブラザーズ」というパチンコがありましたが…犯罪行為の助長と捉えられなくもない。






4、著しく射幸心をそそるおそれのある内容

ア 賭博行為を想像させる字句等が含まれる内容

イ 著しく多くの遊技球等の獲得が容易であることをうかがわせる内容

ウ 遊技の結果について客の技量により差異が生じる余地をなくしていることをうかがわせる内容




賭け麻雀や裏カジノを想像させてはいけないようですね。









もともとパチンコ自体18禁という前提があるので、多少は許してほしいところですが、なかなか厳しいものですね。

都道府県の公安委員会単位でも大分温度差があるようで、

「○○県警で○○の○○○○○が呼び出された」

なんて話も聞きます(妄想です)。


別に乳首だせ!エロくしろ!とは言いませんがそこまで顔真っ赤にして取り締まるのもどうかな?とは思います。

性欲があり余る読者の皆様のご意見ご感想をお待ちしております。

ー1980年代初頭ー
ユニバーサルグループ本社





彡(゚)(゚)「ということでフィーバー機に未来を感じたワイ、満を持してパチンコ事業に参入するで!」





(´・ω・`)「………」






彡(゚)(゚)「なんや?なんか問題でもあるんか?」





・ω・`)「………ウチの会社は日工組(日本遊技機工業組合)加盟してましたっけ?

※パチンコメーカー組合だよ☆





彡(゚)(゚)「加盟しとらんで。」






・ω・`)「実は…日工組加盟メーカーしかパチンコに関する特許は一切使用できないんです…





彡(゚)(゚)「じゃ加盟します







・ω・`)「新規参入は絶望的らしいです…」







彡(>)(<)「は?なんでや!?おかしいやろ!」






彡(゚)(゚)「あ、そうだ。」




彡(゚)(゚)「すでに加盟してるメーカー買収すればええやん。」





彡(^)(^)「この瑞穂製作所(現ミズホ)ってとこ買うで〜〜」








彡(^)(^)「オラァッ!老害パチンコメーカーは道を開けろ!パチスロ最大手ユニバーサル様がパチンコに参入や!」







('ω`)「日工組です…瑞穂製作所及びユニバーサルのパチンコ参入拒否するとです…日工組です…」




('ω`)「あと、パチンコに関する特許の使用も一切認めないとです…日工組です…」







彡()()「ほげえええええええ」























「皆さんこんにちは。日雇いレタスです。」







「今回の奇○体験!ア○ビリバボーは1990年代に表面化した遊技機特許の私的独占問題とユニバーサルのパチンコ機についての戦いです。」








「この問題が現在のパチンコの在り方に1つの選択肢を与えたユニバーサルのパチンコとは…?続きをご覧ください。」














1990年代のパチンコ機の製造特許に関しては以下10社の独占的な状態にあった。

三共
ソフィア(西陣)
平和
大一商会
太陽電子(故タイヨーエレック)
三洋物産
ニューギン
京楽産業
マルホン工業
奥村遊機
豊丸産業





特に群馬御三家+名古屋3社で70%強の特許の権利者であった。



31%  三共  

20%  ソフィア(西陣)   

14%  大一商会   

6%    平和

2%  三洋物


5%程度  太陽電子(故タイヨーエレック)

※太陽電子はパチンコというよりアレパチのほう特許だったようだ。










パチンコの父と呼ばれるのは正村竹一であるが、

(1906年〜1975年)

どちらかと言えばゲージの方に関してであり、いわゆる現代のパチンコの機械的原型は1950年代に豊国遊機の「連発式」と「循環式」にある。


これに関する豊国遊機の基本特許は循環というシステム上広範囲わたるため、パチンコを作る以上、迂回できないものだった。



許諾なしで技術利用したり、類似特許をゲットゲット〜〜したり、1950年代は多くのメーカーが豊国遊機との法廷闘争に明け暮れた時代となった。


これに懲りたメーカーどもは

「はぁ…知的財産の管理ってマジで大切…」

と反省するのであった。









1959年
日本遊技機特許運営連盟設立(日特連)


これにより、パチンコにおける知的財産権の管理、調整は全て日特連を通すことになる。



Aメーカー

↓ 特許の委託or売却   

日特連





日特連

↓メーカーに特許の許諾

他メーカー





この流れでかつて紛争に明け暮れた黒歴史を糧にスムーズなパチンコ製造のプロセスを構築したのである。











ユニバーサルグループ本社



彡()()「瑞穂製作所は営業権状態の変更に関する条項に抵触するので特許使用は認められんそうや…」






彡(>)(<)「何が審査委員会や!口裏合わせて既得権益守ることしか考えてないだけやないか!」





彡(゚)(゚)「作ったる…既存の特許使わずにパチンコ作ったる…」




そんなユニバーサルが開発したのが、















パチコン
GIGA
    2016年ユニバカにて撮影


パチンコの基本特許を使えないユニバーサルが独自に開発。 




その構造は見た目はパチンコ、中身はパチスロと言える。





パチンコとの大きな違いは設定の存在である。

画像のGIGAは大当たり確率に設定を設けており、

設定1 1/390 〜  設定6 1/220

となっている。









CRハンターチャンス
    2016年ユニバカにて撮影

パチコン後期は大当たり確率ではなく、電チューの開放に設定を設けていた。


「コンピューターでベース管理!釘調整必要なし!」

という謳い文句だったが、


 



普及はしなかった。











ユニバーサルのパチンコ参入拒否は法廷に持ち込まれ、パチンコ機製造特許プール事件と呼ばれる。




公取委 平成9年8月6日審決
特許プールによる新規参入の排除。
独占禁止法第二条第五項に規定する私的独占に該当し、独占禁止法第三条の規定に違反するものである。




 
ザックリ言うと

テメーら10社&日特連は我が国のパチンコ機製造における競争を実質的に制限してんだよ!

と排除勧告を受けた。
※もうしないようにしろよ!ってこと。




その後2001年になりミズホは日工組に加盟。


これに伴いパチコンの製造は終了。


10年以上の月日をかけて、ユニバーサルはようやくパチンコが作れるようになったのであった…
(良台を作ることが出来たかは別問題。)



(了)







「ユニバーサルも一筋縄ではいかない大変な苦労をしてパチンコを作っているのですね…」





「しかし、このパチコン…
くぎ問題がうるさい現代になかなか
フィットしたシステムに思えますね…」






「ユニバーサルさん、パチコンを実験的に復活させてみてはいかがでしょうか。多分普及はしないでしょうが他メーカーにも揉まれに揉まれると新しいパチンコの形が見えてくるかもしれません。」








「それではまた会う日まで…
ごきげん…
ひでぶっ










     魔界村へ  



↑このページのトップヘ