2017年08月


その日は…いつだっけ…? 

なんとなくホールを徘徊しておりました。



このホールは世にも珍しい(くもない)天下一閃AC1200が設置してあります。



私も何度かパチンコ博物館併設のクソボッタ店打ってはみましたが、

「やっぱ違うわ…」

ってなりますよそりゃ。

だって、大当たりは

6個賞球×7C×15ラウンド=630個払出

の2セット。

実質1000個弱獲得ってとこです。

4500の1/4程度の出玉なのに飛び込みは若干良くなった程度のもんでしょ。

そらキツイ…キツイっすよ…










2台あるAC1200、この日はなぜか4箱ほど持ってるおじさんが1人。

これはワンチャン…ある?

試しに打つ価値はありそうかなと空いていた隣の席に座るわけです。


0.5kの飛び込みは…















4回!



いやぁこれは勝ちましたね。ありがとうございました!


















…で


でだよ。なぁ。















なんで21回飛び込んで3回しか下役物に行かないんですかね



ぁぁぁぁぁぁぁ!
ハンドルの根元を捩じ切らんばかりに握力が強まるゥゥゥ!





1/3の不ヅキに見舞われてもなんとか28回目の飛び込みが大当たりに繋がる。

よく覚えてないけど、メモによると5.5kらしいので飛び込みの良さが如実に現れていますね。

ということで以下データ羅列。





⑴5/28(下役物/飛び込み)


⑵4/11

⑶1/1

⑷6/16

⑸2/7

⑹4/12

⑺3/15

⑻2/3

⑼2/8

(10)6/15   35

(11)4/16

(12)5/8

(13)3/5

(14)5/29

(15)5/12

(16)1/1

(17)5/12

(18)2/13


計算方法はよく分からないけど、下役物に65個で18回当たりだから…

役物1/3.6!?

Vやねん!


この時点で手元に4000個に満たない程度の出玉。


んで18回目の大当たりが終わったときでした。







「あの〜よかったらやめるんで打ちますか?」

と、隣の人が言ってくるではありませんか。

「どうせガキに打たれて潰されるだけですし、そちらも良さそうですけどよかったらどうぞ」

マジすか…

いや横目で見てましたけどそっちの台あり得ないくらい飛び込んでまして、目立たないように音量最小してたやないですか…

いやでもこっちも良いしなぁ…








いや良くねぇわ!
回転体1/3突破できないイライラが限界だったので


遠慮なくいただきます。




で、打ち出すとまぁ大変。飛び込みすぎィ!こりゃ音量最小にしないと目立つよ…



だけどさ、




紅く 紅く 吠えろ流星〜〜♪
天の名の下に
光放つ赫(ほし)となれ(HEY!)



を聞きたいじゃない…



なので2セット目から音量を上げて打つ苦肉の策で対処しました。
特に意味のない報告ですが現場からは以上です。






以下データ羅列。

⑴3/9

⑵1/4

⑶3/4

⑷4/6

⑸3/12

⑹1/1

⑺1/2

⑻1/1

⑼4/10

(10)2/4  

(11)9/27

(12)2/4

(13)3/5

(14)4/16

(15)1/6

(16)1/1

(17)6/27

(18)3/7

(19)9/35

(20)6/24

1/18(死ね!)ヤメ



下役物20/63個 

 1/3.15  

ヒェ〜www


めちゃくちゃ飛び込むし、この役物なのでほぼ出っ放し。

前任者が初当たり28回、自分が20回なのでデータカウンターは


なんで18回目の大当たりで撮ったのしかないのかかか…


トータルで96回でした。





しかしまぁ王将しかり天下一閃しかり、当たりの分母が小さいタイプは特に回ったら大事故になりやすいですホント。




そういえば役物機と言うとゴトが怖いですが、天下一閃はゴトの付け入る隙がない点が評価されています。

僕は常々考えています。天下一閃もゴトが出来るのではないかと。

今考えているのは















なんとかダンゴムシを飼い慣らし、回転体のハズレを埋めて1/3を1/1にするゴトです。


成功したら蔵を建てようと思います。
ありがとうございました。

 



刃牙「よし、この台を打とう」ジャラジャラ



門下生A「オイオイオイ」 
 
門下生B「死ぬわアイツ」 

メガネ「ほう、










甘デジのキン肉マンですか……」 






メガネ「キン肉マンの甘デジは意識の高いユーザーの中ではアタッカーや電チューに技術介入の余地が多く主力にしている人もいるくらいです」 


門下生A「なんでもいいけどよォ」
 

門下生C「相手はあの末堂先輩だぜ」 


メガネ「それに出玉性能とゲーム性」 


メガネ「右打ち時の50%が1350発。さらにSTと見せかけて次回大当たりまで続く振り分けも23%あり最後まで期待できる」 



メガネ「それにしても音量最大のクソうるさいRTCを耳栓なしで打つとは、超人的というほかはない」 



刃牙「アタッカー捻り5割で16.4……と――」 








-------------------------------------------------------

刃牙「次はコイツを打とう」ジャラジャラ



門下生A「オイオイオイ」 

門下生B「死ぬわアイツ」 

メガネ「ほう、








甘デジのヴァンヘルシングですか……」 







メガネ「ヴァンヘルシングの甘デジは1/85と初当たりが軽めで時短も60回と突破型にしては優しく、なんかプロっぽい人が打つほどです」 






門下生A「なんでもいいけどよォ」  


門下生C「相手はあの末堂先輩だぜ」  


メガネ「それにハンティングラッシュの継続率」 


メガネ「これも87.5%と甘デジ屈指の継続率です。しかも16R比率が10%の出玉感もいい」 


メガネ「それにしても疾走感のある黒夢の曲にリズムを刻むのは厨二病をこじらせた中年というというほかはない」 



刃牙「ジャッジメン……と――」 






-----------------------------------------------------

刃牙「これも打っておこうかな」ジャラジャラ



門下生A「オイオイオイ」 


門下生B「死ぬわアイツ」 


メガネ「ほう、












甘デジのガルパンですか……」 





メガネ「意識の低いレタスの中では、8個保留で何も考えなくて打ちっ放しなのがよいらしく、見かければ座ってしまうく
らいです」  




門下生A「なんでもいいけどよォ」  


門下生C「相手はあの西住隊長だぜ」 



メガネ「それにちゃっかり入れてる携帯連動サービス、打-win」 



メガネ「これもモチベーションを上げる付加要素です。ST中は他の高校も選べます。それでもなぜか大洗女子しか選ばないのがいい」 



メガネ「それにしても古い機械の打-winのパスワード発行を終了するは、ユーザーを無視したメーカーの暴挙というほかはない」 



刃牙「ガルパンのカスタム、やり方わからない……と――」 







-----------------------------------------------------

刃牙「最後はコイツだ」  ジャラジャラ



門下生A「オイオイオイ」 

門下生B「死ぬわアイツ」 

メガネ「ほう、








甘デジのリリカルなのはですか……」 




メガネ「リリカルなのはの甘デジは電チューの41%が出玉810個と多く、まぁ、別にスペックは良くありませんがなんとなく打ってしまうおじさんもいるくらいです」 


門下生A「なんでもいいけどよォ」 


門下生C「相手はあの闇の書先輩だぜ」 


メガネ「それとなのはとフェイトで異とるバトルモード」 


メガネ「これもフェイトは咲のパクリです。しかも割と頻繁に1番弱そうな犬野郎に負ける」 


メガネ「それにしても何回酷い釣りや擬似連ガセっても口ずさんでしまう水樹奈々の中毒性は超人的というほかはない」 



刃牙「
真っ白な羽根は明日を探していくつもの夜を超えていく……と――」



-----------------------------------------------------
おわり





新基準になってから甘デジが不作です。結局旧基準の甘デジに帰ってしまうわけなのですが、そんな中でもリリカルなのはの甘はなかなかやれる甘デジに感じました。
皆さんのオススメ甘デジも是非聞かせてください。よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ