どうも。日雇いレタスです。

国内絶滅寸前のレッドリスト羽根物を何も考えずに打つ本企画。

記念すべき第1回はこちらの羽根物となります。




























CRミラクルカーペットSP
(2005年SANKYO)

設置店舗数
全国6店舗

会社帰りにフラッと立ち寄ったホールで発見しました。

珍古台好きの皆さんには割とお馴染みでよく見るなあと思っていたミラカペですがこんな希少だったのかと驚かされました。

かつてはパチンコふじや金吉で5〜6台並んでいるのを見たことはありましたが、2店舗は今や廃業していますのでそりゃ減りますか。



さて打ち始めると、まず気になるのはハンドル。


ブツッ…ブツッ…
 

というSANKYO特有の打感はやっぱり好きにはなれませんねぇ…
玉飛び良くありません。10年以上前の機械の仕方ないのですが。





■役物
基本のゲーム性はマジカペに近いと思います。ただミラカペは役物中央にミゾがあり、ここが弱性のSPルートとなっています。カーペットモチーフ役物に乗ればSPルート?を経て細長い可動役物へ。この可動役物の奥にVがあります。…って書いててもよくわからないので是非実機を打てください。






■鳴き
鳴き一回目から2回開放でラッキーと思っていたのも束の間、強烈な違和感。


あれ…これ…?




最低でも2回開放じゃねぇか!


これがSANKYOの本気か…
なんて思うなかれ。

打てば分かりますが1開放目に入賞しないと基本当たりません。(カーペットに乗るか乗らないかが本当に重要)
ベースの面ではそら2〜3開放目でも入った方が良いのですが基本当たらないものとして考えていた方が正気を保てることでしょう。









■アタッカー

すごく分かりづらいかとは思いますが、アタッカーに奥行きがあるためセンサーがかなり遅れて反応します。
そのためオーバー入賞の頻度はかなり多く、すごく得した気になります。







■ラウンド振り分け



16R  50%
8R  12.5%
3R  37.5%

の荒々しい振り分け。16ラウンド比率の高さは自力継続以外では最高峰ではないでしょうか。





■稼働

この日は調子よく、一瞬で6000個吐き出したかと思いきや










140回転ハマりました。


波荒すぎィ!


隣で同じくミラカペ打ってたご老人がしきりにドツいていましたが、この機種はカーペットで玉がもたつくためSPルートに行かないこともしばしば。もしかしたらドツくことで玉がSPルートに行きやすいのかと思い、軽くドツくふりをしたところを店員に見られバツが悪くなってフィニッシュです。







総評
★★★★☆




10年前の機械のメンテナンスは部品交換もできませんし生きてるだけでありがとうという気持ちです。
物珍しフィルターがなければイライラ度マックスの役物でデビルマン倶楽部の劣化と言われても仕方ないとも感じます。

今後打つことがあるならばハンドルが多少マトモな台で打ってみたいものです。

ですが勝ったので星4です。

ちなみに勝った分を定量のアレトロンに全部飲ませたところで悔し涙に泣き濡れて退店です。


かすかべ湯元温泉のネオンが目に沁みます。

ありがとうございました。


(了)