エヴァンゲリ論第7回はエヴァンゲリヲン7です。

キセカチからシトフタ、そして福音から7とエヴァシリーズ大きな変換点となった一台だと思います。






CRヱヴァンゲリヲン7


1/309.1(高確1/30.9)

3&10&14

確変60%

時短100

導入日2012年1月

販売台数10万台



前作から1年8ヶ月ぶりの新作は初のナンバリングタイトル。これまでサブタイトルのみでナンバリングはしてこなかったエヴァシリーズだったが本作以降は全てナンバリングタイトルとなっている。
シ者、福音の大量導入→即飛びに懲りたホールが多かったこともあり、セールス面では前2作の半分以下という結果となった。
スペックはほぼラウンド固定の確変60%のループタイプ。 
出玉約1390個。時短100回。

Bisty「どうすか?初当たりが甘くてラウンド固定!これこそエヴァでしょ?」

とドヤ顔で言ったかどうかは定かでないが、少なくともドヤ顔するレベルではない。
1/262〜1/256で1800個固定で取れるスペックが初代にもキセカチにもあったからだ。
トレンドを取り入れてランクアップボーナスも搭載しているが振り分け的にもそうそうお目にかかれない。








演出面の大幅リニューアル


本作のセールスポイントはスペック面での原点回帰と演出面の大幅リニューアルである。

エヴァ史上最多!
多彩な先読み20種類以上!




今回はよく言えば多彩な先読みがユーザーの期待感を煽る。ユーザーの不快感も煽る。


福音ではコアフラ以外の先読みは熱いorスーパー確定であったが、ガセ上等ッ……!!と高尾のカイジになってしまったのか…と思わざるをえないのである。


伝統のステップアップ予告はリツコ、ミサトまでではリーチ確定ではなくなった。


キューブの他にも十字爆破もあり、さらに枠にも銀、金以外にも赤が増えている。(セクシー系SU知るファンには悲しい限り)


演出にループ性でもあるのかとにかくガチャついてくどいのである。



リツコ「カツラ喫茶! 」

リツコ「希望を担うパイロットが気づ」

↓ 

レイ「私がいくわ」 

↓ 

ミサト「総員突撃に備え 」

↓ 

リツコ「カツラ喫茶ッ!! 」

↓ 

楽しみだな♪食事会♪ 

リツコ「カツラ喫茶ッ!!! 







レタス「うるせぇッ!!!」




の繰り返し。

イラついたのは私だけではないはず。前作まで踏襲していたものをかなりの数捨てた印象である。


なので長時間打つ際は通常時、居酒屋ステージ固定でステチェンしないのがオススメなのだ。











ユーザー目線だけで断罪して良いのか?

かなりの長い時間…というか個人的には史上最低の評価である8の正体に気づくまでエヴァ7を心底忌み嫌っていた。

それは変えて欲しくないところを変えてトレンドに擦り寄る姿勢を理解したくなかったのかも知れない。8を打って「7のほうが100倍マシや…」と気づくまでかなり歪んだ視点でこの機械を見ていたのは間違いない。




我々、1ユーザーは開発者と直接話して心通わせることは叶わない。


ユーザーの一方的な評価でしか…ある意味では評価というより断罪されるしかない開発陣もやはり雇われているサラリーマンでしかない。クリエイターというにはあまりに自由がないのではないか…

という点で考えれば、これほどマーケットシェアを誇るフィールズのメインコンテンツに稼働が良くなかったシ者や福音と同じ演出踏襲など上司が許さない。


目先を変えた派手で新しい演出が社内ウケする。

シ者、福音との違いを誰が見てもわかるようにする。

という社内事情が見えてこなくもなかろうか。

もちろん聞いたわけでもないので想像であるが失敗できないプレッシャーと期待の中で飼い犬と化した開発陣の上司を伺う顔はユーザーのことなど置き去りの社内レクリエーションのようなものだ。



唯一、目を見張るのはエヴァ系リーチの根本を変えたところだろう。

今までエヴァが
図柄を切り裂いたり、壊したりするのが基本だったわけだが、




エヴァ7からは
図柄ではなく敵を倒せば大当たり

という変更をしている。ここだけは世界観にマッチしてて素晴らしいと思う。

が、結局カットインの強弱だけゲーになってるので気にもならないのではあるが。


結局、販売台数が大分減ったことにより稼働も普通に戻る。

ここを起点に大きく変わるエヴァ。


復調の8、躍進の9と続くのであった。

(了)