中古相場におけるCR聖戦士ダンバインの値上がりは一旦落ち着いた。

とは言え、

FWN(1/319) 80万〜115万円
EWN(1/256) 50万〜75万円



という定価を大きく超える高値で取引されている。


もちろん中古相場だけが全てではない。

が、2年近く前リリースされたダンバインが液晶付版権モノのパチンコで1番の価値を誇っているのはなんともおかしな話である。










CR聖戦士ダンバインを版権モノとしてみた場合、原作の作り込みはどうなのか?有識者である山岡士郎氏(東西新聞社)にコメントを求めた。







かなり大事な部分が欠損しているそうです。





そもそも、物語通して正真正銘のラスボスであるドレイク・ルフトが一切出てこない。
(ステップアップの金枠でチラっと見えるが)


これは他の作品で例えるならば…なんすかね。わかりません。


オーラバトラーの開発者でありバイストン・ウェルを戦火に陥れた張本人であるショット・ウェポンの出番もほとんどない。

これは物語後半、バイストン・ウェルを追放されて地上で戦闘を繰り返し民間人がショウの手で30万人くらい虐殺されるのでパチンコ化できない部分なのかもしれない。
(オーラバトラーの火器類が地上だと威力が大幅アップの弊害なのだ)




ということで、北斗の拳ほど金もかけれず、原作に必ずしも忠実ではないCR聖戦士ダンバインはパチンコとして優秀な部分で価値を高めてきた。




これは



















鈴木尚広である。


ここでは敬意と畏敬の念を込めて鈴木先輩で統一する。



根拠1
STの出玉スピードがとにかく速いダンバイン。普通のST機とは異彩を放つスピードスターである。

そしてとにかく足が速い鈴木先輩。

足が速いだけならばレッドスター赤星憲広、または応援歌に"スピードスター"が入る西岡剛でも良いのではないかという意見もわかる。

しかし通算228盗塁を記録した鈴木先輩はその半分以上の132盗塁を代走で記録。まさに異彩を放つスピードスターであり完全に一致する。







根拠2
主人公ショウ・ザマは東京は武蔵野市出身である。一方、鈴木先輩は福島県相馬市出身である。

同じ関東出身ということで完全に一致する。







根拠3
足の速さが自慢の鈴木先輩の通算三塁打数は12本である。

同時期を生きたレッドスター赤星憲広は通算36本の三塁打を放っている。シーズン規定打席未到達のまま現役を終えた鈴木先輩が赤星の1/3の三塁打を打ったのも驚きであるが、これはデジハネCR聖戦士ダンバインのST突入率35%に酷似しており、有力な根拠の一つと言える。








根拠4
ダンバインの演出は


「赤カットイン…これは当たりましたね」

「ハイパーゾーン…激アツやろなぁ…」

と熱そうなものでもスーパーリーチにすら行かないなどユーザーをイラつかせる。







一方鈴木先輩は




走塁だけならイチロー君を超えれる




ボルトくんと100M勝負がしたい




盗塁のノウハウを教えてやってもいいけど僕を超えられない





僕の世界ですか?遅く見えますね、ピッチャーが





など無邪気なナルシストゆえの発言でファンをイラつかせる。



この点も完全に一致している。









以上のことから鈴木先輩はダンバインである。







Q.E.D証明終了僕らからは以上。