関口宏「CRエヴァンゲリオン…がお好きなようですね?」

 




彡(゚)(゚)「えっ?今はむしろ嫌いです」 






関口宏「エヴァンゲリオンで特に好きなキャラクターはいらっしゃいますか?」 






彡(゚)(゚)「そうですねぇ…ホモなんで加持リョウジですか………」 





関口宏・渡辺正行「 加  持  リ  ョ  ウ  ジ」 






彡(゚)(゚)「うわぁ」 






関口宏「CRエヴァンゲリオンシリーズで、」 
 





彡(゚)(゚)「…」 





関口宏「固有の全回転リーチのあるキャラクター、」 




彡(゚)(゚)「え~…」 
 



関口宏「加持リョウジ以外で五人答えよ」



 
関口宏「まだよ、まだよ」 



渡辺正行「走って!」





※回答はコメント欄にてお願いします(?)













ども日雇いレタスです。

常々思うのですが既存のエヴァユーザーというのはエヴァが好きなのかはたまたただ新台が好きなのか。

好みなんて時間が経てば変わるものですが、

離れていった老害エヴァユーザーを回帰させるためにも復刻版の議論を始めるべきではないでしょうか。


各々、主義主張があるとは思いますが、まずは日雇いレタスの案をお聞きいただきたいと思います。








CR新世紀エヴァンゲリオン

復刻版(案)





⑴新劇場版完全排除!

素材に関して新劇場版は一切排除します。一部例外を除きTV及び旧劇場版に準拠した使徒再びまでの素材を使用します。





⑵ベースはセカンドインパクト

ベースとなるシリーズはセカンドインパクトとします。



理由は初代に演出をプラスアルファするには違和感がありすぎてしまうことが挙げられます。


そのまま出せよ!という原理主義者の声も分かりますが、それで「やっぱつまらない」と騒ぐのは目に見えてます。

初代は「新世紀エヴァンゲリオンをパチンコ化した」無骨な作りなので柔軟性に欠けている感は否めません。

現行のパチンコに慣れてしまった元エヴァユーザーへのアプローチに対応しづらいのです。

また奇跡の価値は以降になると「エヴァンゲリオンの方からパチンコになりにいった」という若干媚びた姿勢なっています。

この過渡期にあり、後のパチンコ演出を確立する役割を担ったセカンドインパクトこそが母体に相応しいのです。

セカンドインパクトにプラスアルファしていくことは全体の均整をそれほど崩さず進化さえ感じる印象になります。

つまり、

セカンドインパクト+次回予告

最強

こうなります。








 
⑶先読み予告の有無

先読みが無いことで次回予告及びリラックスSUの金チラに大きな意味合いを持たせられるという特性上、基本は先読み予告は無い方向にします。


ただしアクセントとして若干はあってもいいので、


3分ミッションのみ先読みの意味合いを持たせることにします。

後述しますがスペックに関しては通常時8個保留を提唱するため保留満タン時のみ発生し大当たり期待度50%演出に昇華したいと思います。







⑷リーチ演出

基本的にはセカンドインパクトに準拠しますが、ストーリーリーチのみ最後のシ者まで網羅する豪華版を提唱します。

ということで全…何個だ?


第4使徒ラミエル
(決戦、第3新東京市)
アスカver.及びカヲルver.あり


第7使徒イスラファル
(瞬間、心、重ねて)
レイ&アスカver.あり


第9使徒マトリエル
(静止した闇の中で)



第10使徒サハクィエル
(奇跡の価値は)



第15使徒アラエル
(せめて人間らしく)
レイver.あり



第3使徒シャムシエル
(三つの力)
※パチンコオリジナルだったはず…



6個ですね。
使徒再びの三機殲滅リーチは…なんか違うような気もするので今回は除外でお願いします。

これに


初号機リーチ(使徒、襲来)(男の戰い)
弐号機リーチ(アスカ来日)(まごころを君に)(Air)
零号機リーチ(レイ、心のむこうに)(涙)


以外のタイトル及び奇跡の価値は出現で次回予告発生で大当たり確定としましょう。







⑸スペック


大当たり確率
1/199.8(確変中:1/40.0)

賞球数
4&2&10&7

確変突入率
60%

通常時8個保留

【ヘソ電チュー共通】
15R確変(電サポ次回まで):60%
15R通常(電サポ50回):40%




玉無し確変が内規上できないので暴走モードは確変のモード選択の1つとして出現させます。
8個保留でなおかつ初回でフル出玉を取れるしわ寄せは時短を減らすことで対応しつつエヴァ9の暴走ループ1/199をイメージした作りとなっています。






⑹最後に
エヴァンゲリオンからヱヴァンゲリヲンに移行してもう8年近く経ちます。

次の劇場版新作がいつできるかわからぬまま毎年パチンコパチスロの新作が制作されている現状です。

派手な新台好きのユーザーに媚びるばかりではなく、復刻版を制作しスリーピングユーザーの掘り起こしをすることは急務です。









「エヴァンゲリオンというブランドを考えて牙狼や北斗に負けたまま終わっていいのか」


いろいろな切り口を考えたほうがプラスじゃないかと悩み抜いていただきたいです。









(了)