先週の木曜日(4/20)に韓国は仁川に統合カジノ型リゾート「パラダイスシティ」がオープンしましたね。



サミーはこのパラダイスシティで日本人スタッフをガンガン働かせてるようで。
サミーが日本でカジノ型リゾートをスムーズにオープンさせるための試金石ですね。



そんなことはさておき、昨年施行されたIR推進法のギャンブル依存症対策におけるギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議 検討案(2017年3月31日)には





パチンコ  

出玉規制の基準見直し


とあり、今夏あたりにまた大きな内規変更があるでしょう。

IR絡みでギャンブル依存症にスポットが当たりはじめるとパチンコに対する風当たりが強くなることは否めません。

「 ククク…日本はカジノ最後発国…他国の失敗をすでに知ってるが故に日本でのカジノに失敗はありえましぇ〜〜んwww」

というスタンスなのでカジノは棚に上げてカジノの整合性に邪魔となる遊技(笑)はどんどん修正していき衰退させていくことでしょう。








■確変50%時代突入

現行の確変65%とか…まじ打つ気なくすわぁとお思いの方も多いですが、とはいえループタイプで時短100回が付く場合、その継続率は74%ほどになります。

この辺は間違いなく指摘されるでしょう。

ということで今夏から時短込みで65%というガチの暗黒時代に突入することになるのではないかとも思います。

確変もキリのいいところで50%でいいでしょ?ネ?ってなりそうです。


0.5+(1-0.5)×0.269=0.6345


ちょうどいいですね。












■確変の歴史

確変が産声を上げて早27年。黎明期は小当たりのみの確変だったようで、大当たり確率の確変は権利物でしか認められていなかったようです。

1990年代前半はまだ違法な連チャンプログラムが組まれた射幸性の高い現金機が多数現存していたこともあり、CRの確変機にとっては苦難の時代でした。この辺は以前書いたパチンコ歴史群像シリーズに詳しいのでそちらをどうぞ。


【パチンコ歴史群像シリーズ】



ざっくり言うと現金機を使ってるホールはダービー物語事件(1993年)を見せしめに締め上げて、違法爆裂機(花満開)でCR機を爆発的に普及させたわけです。


花満開を起点として見ていくならばこういう時系列になります。



1/3突入2回ループ(1993〜1996)
|花満開
|黄門ちゃま2  大工の源さん
|


5回リミッター(1997〜1998)
|
|ルパン三世
|海物語


リミット撤廃時代(1999〜2004)
|海物語3R
|
|


1/500時代(2004〜2006)
|大ヤマト2
|



バトル全盛時代(2005〜?)
|ウルトラセブン
|花の慶次雲の彼方に
|北斗の拳ラオウ


V-ST全盛時代(2012〜現在?)
|ウィッチブレイド(小声)
|牙狼魔戒閃騎鋼
|他牙狼シリーズ


と様々な変遷を経て現在は65%に落ち着いてるわけです。






■確変にこだわる必要性はない
ここまで意地でも出玉を規制したい国と何かしらポーズを取らなくてはいけないメーカー各社ですが、ここは潔く


あ、確変50%でいいです

と開き直れはいいのです。

もう確変に拘っていては面白い機械は出来ません。若干の規制緩和の一番の恩恵を受けた一種二種混合機には無限……はないですがソコソコ可能性を秘めています。

もう確変に未来がないのです。


大当たりが可視化できるV自力タイプも、小当たりを絡めたSTタイプも、マジェプリも天下一閃もなんとなく混合機ならできるわけです。しかしまだまだ未成熟です。混合機でゲーム性を突き詰めていけば必ず面白いパチンコはできるはずです。










ん?

ということは一種二種混合機のノウハウがないメーカーは自ずと淘汰されりゅ…?




……えーと三洋とか出してないよね…?










あっハネ海があるか…


三共はハルヒ、京楽はAKB、サンセイは牙狼にプロジェクトTK...



た、高尾!高尾はないはず!





















あっ…グンソク様がいたか…












2017年現在一種二種混合機をリリースしたことがないメーカー(セカンドブランド除く)は……ノウハウがないので危険かもしれない……








(了)