某月某日



その日はなんとなく当たりたがってる台を探し、ホールを乞食のように彷徨っていたところ新台のGI優駿倶楽部に辿り着きました。








競馬パチンコに一家言ある老害が凄惨なまでに批判してやろうと打ってみます。







覚悟せよKPE!!











と思ったんですけどね。
これ全然競馬関係ないじゃない…


ビジュアルイメージで実名馬がいる程度なんで良いとか悪いとかの前になんの感情も湧いてこなかったわけですよ。


今流行の「自分を調教師見習いだと思い込んでる一般人」なんだなぁ…
そもそもそんな職業ないし…


通常時回してる分にはむしろこの小役とリンクしたわシステムは楽しいですね。ついつい次の周期、次の周期…と回してしまいます。



オルフェーヴル
シンボリクリスエス
ブエナビスタ
ブエナビスタ


と燦々たる名馬たちを擁しても負け続けた私の5回目の周期でした。












(写り込みが激しいためSNOWで加工しています)

あ?激アツ?


私は何故かパチスロ麻雀格闘倶楽部が好きでよく打ちますが、チャンス周期で出てくる激アツはよくガセります。

皇帝シンボリルドルフといえど麻雀格闘倶楽部で言えば高段位プロ程度のものでしょうか。
なにはともあれ

KPEの激アツは信じません







ハズレるかも…と恐る恐る打っていましたが今回は当たりました。 やったー





ART『GIロード』は継続率をシナリオ管理しており、ざっくり言うとモンキーターンや戦コレと同系統のモノ。

10連勝後に凱旋門賞勝てば88%ループだそうでこの辺が若干違いますね。





余談ですが、モンキーターンや戦コレを打つときに打ち手の属性がモノをいうのではないかと思っています。


属性は3種類。



【上乗せ系】
単発や2連が多いが上乗せがデカくなんとかできる人。


【継続系】
上乗せはできないが継続でなんとかできる人。


【モード系】
継続も上乗せもイマイチだがモード振り分けがよく、初当たりでなんとかできる人。



私は間違いなく継続系で、本当に上乗せできません。
戦コレ2ではAT中に強チェリーすら引いたことがありません。そんな私のATは…



















10連勝!






しかし、
乗せはガチでこれしかありませんでした。特化ゾーンも非搭載でしょうか?おかしいだろ。








ということで凱旋門賞です
これを勝てば88%ループ!


一応、凱旋門賞の勝率調べましょうかね〜
普通に考えたら50%か66%くらいですかね。






















勝率10.2%



オイオイオイ
死ぬわ俺

ほうここで低勝率ですか…
大したものですね

















凱旋門賞敗退
万策尽きて800枚弱で
フィニッシュです。

もしかしたら馬によって勝率違うかもしれませんが10%ってのはあんまりだよ。






【感想】

「自分を調教師見習いだと思い込んでる一般人」の異次元スロットなので競馬ファンとしての特に怒りもなければ感想はありません。
通常時は回したくなる小役とリンクしたシステムは麻雀格闘倶楽部を思わせ正直好きですね。また打ちます。
今度は0.1万枚目指して頑張ります。


(了)