ついに…ついに逝ったかぁ…




























我らがシュガモさんがパチンコふじに行ったところ店が閉まっており、


(シュガモさんTwitterから画像拝借)

そこにいた建築会社の人に確認したら閉店しましたとのこと。







嘘だろ…








パチンコふじとは?

埼玉県と東京都の境、新荒川大橋付近を元郷へ向かうとある、ほぼ珍古台の昭和の匂いしかしないパチンコ店。しかも4パチ20スロオンリー。






その店名でググれば数々の珍古台ハンターたちのブログがヒットする。
(ピーワ未掲載だから店舗HPはヒットしないのだ。)








川口市民には結構有名な店…というのも宣伝カーが走り回っているからである。

私も川口市に5年ほど住んでいたがふじからはかなり離れた地域にも関わらず、何度も見た。


※閲覧注意


こんな不気味独創的なテーマソングを流してればそら忘れられない。

ふじの一番の魅力は40玉交換のヘソガバガバ釘と8年くらい前から時が止まってしまったかのようなラインナップだろう。




去年行った時の写真とともにお送りしたい。











CRルパン三世  ルピナスタワーのダイヤを狙え(2008年)

今度出るルパン三世最新作は9作目なので前の前の前の前の前のルパン。

いやまぁこのくらい結構見るし…と思うでしょ…








ぱちんこ必殺仕事人Ⅲ(2007年)

祭バージョンや竜バージョンの甘デジはいやまぁたまにあるよね…

でもこれ桜バージョンでもなく、初期の1/308のタイプなので貴重。やはり念仏の鉄が最強。







ぱちんこ華王美空ひばり(2006年)


ウルトラセブンやジョーズの枠が懐かしい。10年前の機械なのでまずお目にかからないであろう華王美空ひばり。何度か打ったかなレベルだが美空ひばりがどうこうよりも花札モチーフ故の古臭さが目立つ台だった。





あとは
中森明菜・歌姫伝説(2006年)





創世のアクエリオン(2007年)


写真はないが西陣のキャッツアイ(2007年)なんかもあった。






1BOXの羽根モノが非常に印象に残っている。私が行く理由のほとんどはこの4000個定量羽根モノの為だった。

ミラクルカーペット、マジカルカーペット、デビルマン倶楽部、トキオデラックス、ネオビッグシューターとラインナップは普通なのだが

恐ろしいほど開いたオトシに驚愕し、あんまり鳴かないことに何度ガッカリしたことか…
(確かにハカマが汚いんだけども…)

1台しかないビッグシューターXで数回定量まで行ったくらいか。にしても羽根モノはかくあるべしという精神を思い出させてくれる。





そして







餃子の王将2 5000
大量設置

頭イカれてんだよこの店。



豊丸ファンとしてふじに認められたかぁという謎の悦びを感じなくもなかった。






今どき客が勝手に計数機で玉流せるのも昭和のパチンコ屋の雰囲気を醸し出していた。





正直併設のうどん屋のほうが客が多いという昨今の厳しい経営状況では遅かれ早かれだったのかも知れない。

そんな頻繁に通ってたわけではないが、ふじの営業スタイルは好きだった。




低換金で遊ばせることを主体に置いた忘れ去れたオールドスタイル…


パチンコふじを忘れない。


※健全化推進化機構の賛同ホールに名前はまだあるので手のひら返して復活してもええんやで(チラッチラチラ)

(了)