いよいよ明日6.23に撤去リスト第3弾が出るゾ~~

と言われ怯えるパチンコ業界。








2016年末までに撤去しなくてはいけないパチンコ機の総数は最低でも

60~70万台

と言われております。

これは現行設置されている1/320以上の大当たり確率の台のみの数字で、要は撤去リストプラスαというところ。




しかし、このブログでも何回も書いているがこの撤去問題は


高射倖性かどうかなど一切関係なく


くぎが型式試験と全く違う状態でホールに設置されているという違法性を問われているわけです。





つまり、高射倖性!撤去リスト!なんて言ってるのは

メーカーが論点をすり替えて自浄作用をアピールして撤去を遅らせようとしている

だけなのです。









さて国会にて河野太郎国家公安委員長は超ザックリ言うと



「まさかとは思うけど…今後同じようなことがあった場合には、メーカーに対して型式検定の取り消し、ホールに対して営業停止処分を含めた行政処分をするよーん」


と言っておりました。





しかし、まぁホールにとっては酷い話で、グレーゾーンを年内で一掃!というのは中古機に経営を頼らざるを得ない中小ホールには正に死活問題で泣く泣く年内で閉店するホールも出てくるでしょう。





私がもしどうせ閉める零細ホールのオーナーや店長ならば、散々機歴だ抱き合わせだと買わせた挙句、検定切れる前に強制撤去、入れ替え需要で潤うメーカーに一泡吹かせたい…そう思いますね。



メーカーに
一矢報いて死のうぞ




具体的には


年内完全撤去と言われてる機械を2017年1月に入っても設置しちゃうもんね~~


んで1月4日に営業許可証を所轄に返納するもおおおおおん!




警察「あれ?正月三が日営業してたの?」



レタス店長「お゛ぉ゛ん!営業しました!!お゛ぉ゛ん!撤去しなきゃいけない機械で営業したんだお゛ぉ゛ん!!」



メーカー「お゛ぉ゛ん」

 

メーカー、行政処分






まぁこの自爆テロとも言える行為でメーカーに行政処分下るかどうかわかりませんがね。





現段階で明確にどうなるかは定かではないけれども、こんな可能性もあったりなかったり。



沢山売ってるメーカー…というか全部のメーカーが台の把握を完璧にしないとキツ~い行政処分の対象になるわけなのでその苦労は計り知れないのですな~。




(了)