第四弾は新海物語、大海物語、スーパー海物語以外のその他シリーズです。
気炎万丈でリリースしたものの苦戦を強いられ続編が出ないのがここにあたります。全て続編が出ていないので繁栄度は最低評価です。












ハイパー海物語inカリブ (2007)
繁栄度(★☆☆☆☆) 評価:黒歴史
言わずもがなカリブショックとまで言われた大ゴケ機種。
シリーズ初の左右非対称であり、盤面右には巨大役物ハイパーシップが鎮座する。

パイレーツモードではワリンちゃんが海賊となって活躍。なぜか虎柄が激アツという「平和が作ったんか?」と思うような演出もあった。














ハネ海物語(2010)
繁栄度(★☆☆☆☆)評価:忘却の彼方

海が羽根モノに!?
当時流行の時短付き羽根モノとしてホールデビュー。
海ファンからも羽根モノファンにも手が出そうで出ない微妙な立ち位置となってしまった。
羽根モノの役物の金型は非常に高価であり、その後も流用されるのが通例。
そう、羽根モノ大工の源さんも同じ役物である。














プレミアム海物語(2011)
繁栄度(★☆☆☆☆)評価:甘は一定評価
ゴールドとプラチナがあり、大きな特徴としては、クジラッキーパトランプとドラムリール、2000個搭載(ゴールド)というところだろう。
甘デジは海物語初の突破型STとなっており、プレミアム演出としてぼのぼのが出てくる。











デラックス海物語(2012)
繁栄度(★☆☆☆☆)評価:T-ARA推しやめい
海物語初のランクアップボーナスを搭載。数年続く、韓国のアイドルグループT-ARAとのタイアップは本機の甘デジからである。








海物語アクア(2014)
繁栄度(★☆☆☆☆)評価:吉木りさの歌が怖い

純正8個保留、ロングSTという海物語の規格を変える一台。
しかし中身は辛くて回せるがコンセプト。
100%突入、継続率77%とST性能は良いが出玉が1000個に満たず終わることもあり、固定の海ファンからは厳しい評価を受ける。デラックス海物語を踏襲してかランクアップボーナスも搭載されている。
甘デジはグラビアアイドル吉木りさもタイアップ。RTC中の吉木さんのボカロ調の歌は意味不明で怖い。







駆け足でしたが、海物語を見ていきました。次回からはCRエヴァゲリオン論となります。ありがとうございました。