2回ループタイプが規制され、5回リミッターという劣化スペックしかなくなった1997年以降は


勝手にライバルたちが撤去され、

新しいライバルが出現しない


まさにギンパラ時代とも言える状態になった。



凄まじい需要に対して、規制のため追加で生産できないギンパラは供給量が圧倒的に足らず100万超の超高値で中古取引されていた。


うぅ…200万とか無理。。

いやもう…早く出してよ…


権利モノじゃないデジパチのギンパラを!















1999年1月、突如

5回リミッター撤廃

の新内規が発表される。


憶測の域は出ないが
「これだけ5回リミッターで反省してますパフォーマンスしたし、もうゴールしていいよね…?」



という業界特有の喉元過ぎればなんとやら理論だろコレ。



さらにパチンコ市場の冷え込みは顕著なものなっていたが、

かわりに技術介入機でアプローチし始めたパチスロ市場が一気に加熱。


1999年はアステカ、サンダーV、ハナビ、B-MAXとユニバーサル黄金時代かよ(今も)


しばらく続くであろう4号機バブル黎明期にあたるのか、パチンコガラガラパチスロフル稼働というのが当時のホールの光景だったように危機感を感じたのは間違いないだろう。




1999年の新内規は
確率1/320を下限とし、確変は1/2、リミッター100回(実質無制限)に変更された









1999年2月
この5回リミッター最後の最後で三洋物産は待望のギンパラのデジパチ版





     CR海物語S5
をリリースする。

    

1/321.5

確変1/2

最大継続5回まで


みんなが待ちわびたギンパラ後継機がッ!
美麗液晶と新キャラクターを従えて登場だ!

ということで大きな特徴は液晶領域の拡大と再抽選の採用

そして

     
    サム初登場!

最近は実写でも出るゾ…





アニメはムラがありますネ…






さて、待望のギンパラの後継機ということで5回リミッターにもかかわらず、お客さんは一気に海物語に流れた。

リミッター解除機が出た後も互角以上の稼働を誇ったというのだから恐ろしいものである。



これにて暗黒の5回リミッターはこれにて終焉を迎えた。



当時も打ってたジャンキーどもに

「5回リミッター全盛期ってやっぱ打たなかったんすか?」


聞いてみると

「いや打ってた。そもそも1/2が普通5連なんてしねーから、あまり大差なかったわ」

と。

リミッター到達も2〜3回かなぁ…とのことだった。



時代は2000年代に向かう。


パチスロがその高射幸性に狂い咲き、
パチンコは海一強がその色を濃くする。

(了)








パチンコ誕生、正村竹一から長らくやらせていただきました歴史群像シリーズ。

なかなか中身あるものを書けず、続けて良いのかよくわからないときも多々ありました。



数字等見ますとなかなか需要のあるものとは言えませんのでここでひと段落とさせていただきます。

ご愛読ありがとうございましたm(__)m



        魔界村へ  

                     にほんブログ村 パチンコブログへ
                   にほんブログ村