1996年

CR大工の源さんの登場で2回ループスペックの末期を迎える。





今さらながら、

射倖性強くない?

と、なんか不穏な空気になり、前に検定通したお蔵入りマシンで各メーカーお茶を濁すこととなる。(4号機末期のようだ…)






そもそも当時、CR機はかくあるべしというスペックが決まっておらず、とりあえず花満開とかいう爆裂違法機のおかげで普及に関しては上手くいったものの娯楽というには逸脱した投資を強いられるケースもままあったわけで。


さらにはガバガバなセキュリティ問題である。



現在の機械は基板に強力な「かしめ」が施されているが、当時はそんなことはなく不正基板に変えられることもあった。


メーカーには現金機時代に互換部品による違法な連チャン性能をもたせた前科があり、

保通協はメーカーに諸元表の提出を義務付けた。
部品の釘、ネジまでもひとつひとつに詳細な解説を要求されることになる。


これにはメーカー大苦戦。


通らないから新台出せないよぉ…


どこがこんな厳しい審査通るんだよ…



と思ったらあの老舗メーカーが…









歴史群像シリーズ第20弾



















CRモンスターハウス
1/367

確変1/2

出玉2100個

確変終了後時短100回


厳しい検定を通った初のマシンにて老舗メーカー竹屋の最初で最後(?)の超大ヒットマシン。




スペックはオーソドックスなまさしくCRの王道ミドルハーフスペックというところか。
(ハーフスペックがわからない人はTwitterでハチミツさんやリンゴォさんに聞こう!)



レタス的には当時、生ダラというとんねるずの番組があり、その中でパチンコ梁山泊にモンスターハウスの当て方を教わるというコーナーがあったなぁ…

 で、まぁ調べてみると体感機で攻略が容易な機械だったようだ。





演出面もシンプルながら秀逸で、多くのパチンコファンを虜に。


ミニミニモンスターでもお馴染みピュイピュイ鳴るつるつるスベリ。
(当たれば確変)





ゾンビの手(プレミアム)






裏返ってんじゃねーのかという連チャンもあったと聞く。

21連以上から大爆発中の表示に。
※確変50%ループです。



ちなみに出荷台数は


29万台超!!

竹屋がナンバーワン!
竹屋がナンバーワン!






さやま「じゃ…初代源さんは…どのくらいの台数なんすか?」



     

RUDU「源キチは怖いネ…天下の竹屋様に源さんが勝てるわけがあるかよ。一応調べるかの…」








RUDU「…………(調査中)」













RUDU「さやまくん……」











さやま「???」





















       






さやま「~~~~~~~~~~ッッ」
 
















CR大工の源さん
33.8万台
     


(了)



 ひとつの時代を作った2回ループが







                                
     CRの闇を星になって流れる









                3年に渡る栄華に









             人々が見たものは








         花満開    黄門ちゃま    大工の源さん







        いま     黄金時代が終わり  








 
    未曾有の暗黒時代が幕を開ける






                爆裂機は消え、

 




         残されたCRが辿る道は








        連チャン回数の制限だった





           次回「5回リミッター」
        悪夢の底に希望はなかった

      魔界村へ 

                     にほんブログ村 パチンコブログへ
                   にほんブログ村