1996年8月

パチンコ関連4団体は
(たぶん日工組、日電協、全日遊連、日遊協)


高額な遊技料金を必要とする









として設置、稼働している98機種、71万台を撤去する案を発表した。


業界大激震である。















1995年、遊技参加人口、売り上げともに最盛期を迎えていたパチンコ業界。




しかしながら、




90年にパチンコ店で発生した幼女連続誘拐殺人事件、

通称足利事件(後に誤認逮捕で冤罪被害の代表格となってるネ)や、


駐車場での車内放置で子供が死亡する事件が多発。


レタスは、親がパチンコやらないため、パチンコ屋の駐車場に縁のない生活だったが、会社の同僚には駐車場チルドレンだったという人もいる。



親のパチンコが終わるまでは他の駐車場チルドレンと遊ぶか、パチンコ屋の中で親のパチンコするのを見てるしかやることがないそうで、当時親が打っていたパチンコ台のサウンドなどはなかなか頭から離れないそうである。





パチンコのダークな面にスポットを当てられた社会問題へと発展し、慌てた業界は





クリーンで自浄できるんですよ我々は!




という外面的なアピールとバッシングへの対応策として大規模な撤去に乗り出す。





撤去対象機種は基本的にいかがわしい連チャンをする現金機が多数を占めたものの、

中には羽根モノも入っており、全くどういう基準で選んでんだよオイ。




当時圧倒的人気を誇った爆裂違法機

CR花満開

も撤去対象となった。(当たり前)






しかし、


他の2回ループの爆裂機は撤去対象にならなかった。

だって警察がCR機推奨してたんだからいきなり外せとは言えんよね。




 





       
    CR大工の源さん
1/369.5〜1/438.5
確変突入率5/15(33.3%)
出玉2400個


【2回ループ最強スペック】
社会的不適合機問題から遡ること半年前、三洋物産はCR大工の源さんをリリースした。



パッと見、黄門ちゃまと大して変わらねーじゃんという感じだが、設定1は黄門ちゃまの大当たり確率より甘く、出玉性能は同じ。

さらに確変終了後に100回時短が付くというモンスタースペックである。


そこでさらに引き戻せば…ということもありオール2400個で平均5.25連チャンという爆裂機。


これは空前の大ヒットとなり、2回ループといえば花満or源さんという人がほとんどである。






前回の記事にてギンパラが中古200万円で取引というのを書いたが、要はこの社会的不適合機による大量撤去が要因の一つとして挙げられる。




刻一刻と迫る暗黒時代。





1997年1月31日、栄華を誇った満開は完全撤去。


大工の源さんはホールの王として君臨するのであった。






余談ではあるが、この初代大工の源さんの空前大ヒットは同時に源さん後継機の苦難の道となった。


2000年頃
       
「寿司屋になるんでぇぃ!」

→無事死亡











2002年頃
     
「江戸っ子アピールでぇぃ!」

→無事死亡


       







2004年
       
        
「やっぱり大工やるんでぇぃ!」

→無事死亡









2005年

      
「やっぱり大工やるんでぇぃ!(dejavu)」

→無事死亡










2007年
       
もうマヂ無理。。そば屋しよ。。」 

→無事死亡









2008年
        
「寿司屋になるんでぇぃ!(dejavu)」

→無事死亡





あと3つくらいあるけどもうゴールしていいよね…





最近はようやく本職の






花火職人

に戻られたようでロッピー嬉しいです。 

(了)

      魔界村へ     

                     にほんブログ村 パチンコブログへ
                   にほんブログ村