1949年創業の老舗。

1991年には東京証券取引所にパチンコメーカーとして初の上場。

機器のエレクトロニクス化など技術開発を早くからすすめ、パチンコ業界を20兆円規模の巨大産業に成長させると同時に、長年業界トップシェアを誇っていた


        

一貫してCRシステム導入に反対の姿勢であったが、


1993年ダービー物語事件 の屈辱の翌年、老舗メーカーはついにCR機へと参入する。



















 













1994年


花  満  開  最  強

そのヒットによりCRシステムへの移行を一気推し進めつつあった名機初代花満開は恐ろしい爆裂性能を持つ圧倒的違法機だった。



この花満開一強に待ったをかけるべく、各メーカーはCR機の開発へと注力し始める。





平和は「CR名画」


にてCR機に本格参戦。





そして花満開のヒットを踏まえ


「ならばこの平和も動かねばなるまい!」


と本腰を入れたのが













      黄門ちゃま2(平和)


1/394.8  確変1/3  2回ループ
出玉2400個




花満開で蒔いた種は、
黄門ちゃま2で花を咲かす。



黄門ちゃま2は大当たり確率に設定はなし。1/3の確変2回ループタイプである。
(2回のうちに1/3の確変を当てればもう2回)



この花満開に匹敵する爆発力に加え、



どこかで見たことのある親しみのある愛らしいキャラクター

(水戸黄門のパクリだろ) 版権許可なし

これが当時の販売記録を塗り替える大ヒット!!


しかし、まだCR機への切り替えができておらず



彡(^)(^)「大人気の黄門ちゃまゲットしたやで」


 
 

彡(^)(^)「これで大繁盛や!」














彡()()「CRユニットが生産間に合わず設置できないンゴ…」




といった事態が各所で起きた。



この大ヒットは2016年の現在においても「黄門ちゃま」ブランドがパチンコ、スロットともにコンスタントにリリースされる大きな要因だろう。





これにより時代は完全にCR機へと移行した。




そして西陣、平和がCRの覇権争いを二分するかと思われたが…




(続)



      魔界村へ