歴史群像シリーズ 第15弾



1992年8月

時系列は前後するがダービー物語事件の1年前、6メーカー同時に史上初のCR機をリリースした。




【92年CR機第1弾をリリースした6メーカー近影】
 
よし、6メーカーいるな。


しかし、ホールでは現金機の連チャン機が健在で大人気であり、
CR機の売上は芳しくなかったのは前回、前々回の記事の通りである。 



ダービー物語事件がCR機の爆発的な普及の契機ではあるが、それは車で言えば片方だけ車輪である。




もう片方を担ったのは

遊びにマジメ…なわけねーだろ。







       




人生の1割くらいは、遊んでいい

西陣の名機だった。



 
                
       
     CR花満開(1993年) 


伝説が幕を開ける。












第1弾CR機のスペックは、そもそもメーカーにやる気ZERO。


「あ〜作りたくねぇ…そもそもCRユニットが普及してねぇから売れねえしなぁ…なぁ?」

CR花満開で西陣としてはCR機は3機種目であったが、それ以前のスペックを見てみよう。







CRうちどめくん

彡(゚)(゚) 「おっ西陣のCR機第1弾CRうちどめくんやんけ…」






彡(゚)(゚) 「確率は1/262〜1/306か…」
※当時のCR機は設定機能があり、確率を変えられた。ちなみにスロとは逆で設定1が1番甘い設定。





彡(=)(=)「?!」 






彡(=)(=)「4/15しか確率変動ってのに入らないンゴねぇ…結構厳しいんやなぁ…」

※15個の図柄のうち、3.5.7.当で確率変動。

 




  
数時間後…







彡(^)(^)「7図柄で当たったで!確率変動入ったやで!」  






彡(=)(=)「?!」 







彡(=)(=)「大当たり確率アップって言っても1/262が1/90になっだけ!?」






彡(=)(=)「しかも電サポなし!?つーか電チューないやん!






彡(=)(=)「…」
 




 
彡()()「現金機打と…」












CR花満開スペック
大当たり確率   1/269〜1/308

出玉2400個

確率変動突入率   2/15
(3.7図柄のみ確変)


確率変動に入れば2回大当たりするまで継続。

確変中に3.7図柄で当たるとその時点からさらに2回大当たりするまで継続。

3.7図柄の出現率が6/15にアップ。







保通協どうしたん…?(呆れ)


これにさらに保留連チャン機能も搭載されている。




大当たり終了後の1個目の保留は


     1/8で大当たり

普通に13/15の通常引いても12.5%で2400個が1G連アホか。


これは…

保通協「頼むよ!どんなスペックでも通すからさ!CR機どんどん持ち込んでよ!ね!」


マジでこういうことをしたんじゃないんですかねぇ… (妄想)













基本的に現金機の焼き直しでスペック劣化のCR機だったが花満開の登場で一変。


確変突入率こそ低いものの、一旦入れば平均5〜6連。


数万発が現実的に射程圏入る爆裂機だということがわかるとホールは

強烈な






花満開だけ
大ヒット。




そして、

CRユニット生産が
間に合わない!


そんな事態になる…やはりお役所仕事よのぉ…





各メーカーは



     嘘つけ!!!

と同じようなスペックでCR機開発に本気で乗り出す。




かくして、時代は2回ループ大爆裂機時代突入。

時代はあの怪物を生んでしまう…


(続)


    魔界村へ