三共「ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙







1984年
フィーバー機規制

最大10ラウンド
10カウント
賞球13個

最大出玉1300個に規制される。







フィーバー機は冬の時代になってしまいました。










1987年
名古屋市











(´・ω・`)「あそこに佇んでいるのはパチンコメーカー最古参の大御所…






(´・ω・`)「どうかしましたか?」


















       パチンコメーカー最古参  ニュ-ギンパイセン
「フィーバー機の未来を考えていた…」









(´・ω・`)「(何言ってんだコイツ)」







(´-ω- `)「まぁようやく規制緩和されましたけど…」  

※1987年に1300個から最大出玉1850個に緩和。










(´-ω- `)「まだまだフィーバー黎明期の出玉の荒々しさは再現できませんね…」
   












「ワイが考えてたのはさぁ…」








「大当たり中、たまにアタッカーに10カウント以上入賞 することあるやん?」






(´・ω・`)「ありますね。」








「あれってセーフなんやな。警察も黙認しとるんやな。」







(´・ω・`)「(頭いかれたかコイツ)」








(´-ω- `)「偶発性が高いですしね。意図してない部分て
認識なんじゃないですか?









・う・は・つ。いい響きだ。」

















サンダーバーズ1-A(ニューギン)パイセン


偶発的なオーバー入賞がセーフなんだ…ふーん…

と、ニューギンパイセンは勝手に色々拡大解釈。

アタッカーに入らず溢れた玉がアタッカーの斜め下にある入賞口に導かれるようなゲージ構成にします。

その入賞口で出玉を増やし1850個の上限を超える2000個の出玉を実現しました。

これを総じておまけチャッカーとよびます。
(最近の台では猪木4の愛ポケット、黄門ちゃまのゴチ装置が近いでしょうか…)


これを保通協の検査に型式試験申請をしました。


もちろん払い出しが1850個を超える機械は通らないので、この機械は無調整ではほぼ入賞口に入らないようになっています。

そして、ホールに納品されてからダイナミックに釘を曲げ調整をして、おまけチャッカー完成となります。



              「…(ガッツポ)」


結果的に出玉の増加が往年のフィーバー機ファンに受け入れられ、おまけチャッカータイプの機械が次々開発されシェアの伸ばしていくことになります。





 

マルホン「めっちゃオマケしたろ!」





パールセブン(マルホン)
オマケしすぎて2000個どころか4000個出る一発台。
中出目の法則で状態以降が見抜けるなどキナ臭い台なので、気になる方はお調べください。






ついに時代は90年代に突入。

フィーバー、羽根モノ…

群雄割拠のパチンコは一体どこに辿り着くのか。

そして、恐ろしい連荘性能を持ったあの名機が登場する。

 


次回「アレジン登場!」


お楽しみに!



        魔界村へ