1980年くらい
パチンコ屋

(´・ω・`)「フィーバーは玉が凄まじく出るけどお金が続かない…」




(´・ω・`)「しかも、正直ドラムが揃うまでクソ暇なんだよな…




(´-ω- `)「かと言って今更普通にチューリップ打つのもなぁ…」






彡(゚)(゚) 「ふむふむ…」






群馬県桐生市
平和本社

彡(゚)(゚) 「ユーザーのニーズよくわかった。」




彡(^)(^)「この新しく開発した羽根型の役物の開閉で新たなゲーム性を産んだろ!」 




フィーバー登場でパチンコは全く違う顔を見せ始め、一気に射幸性があがりました。

平和は『フィーバー』は射幸性が高いが、

・資金が続かない。
・大当たり以外の時間がつまらない。

と分析し通常時の刺激に乏しいという時間をどう見せるかに重きを置きました。





さらに従来、チューリップが付いていたオトシ下、センター下に始動口を設け、センター役物の羽根を開閉させるというアイデアを思いついたのです。






ゼロタイガー(平和)



三共が『フィーバー』を登場させた約半年後に平和から"元祖"羽根物の『ゼロタイガー』が登場。

基本「パンクして当たり前」で完走すればそれが自慢出来る程、役物自体は厳しい作りになっていました。


その分通常時の玉持ちは良好で、天穴に入れば左右のチューリップのどちらかが開きましたし、羽根にも拾われ易くなっていました。



ちなみに現在のようにラウンド振り分けもなければカウントもありません。


羽根18開放の最大8ラウンド自力継続です。
 

現在は10カウントまでですがゼロタイガーはVを喰うまで1ラウンド20個でも30個でも入賞できるというところでなかなかの射幸性も備えていました。

 

他メーカーも追従して羽根モノをリリースしますが、ゼロタイガーの飛行機の役モノをオマージュしたものばかりでこの辺の羽根モノは「ヒコーキタイプ」と呼ばれています。







【フィーバー規制される】

フィーバー機はその出玉性能の強さから発売から半年足らずでアタッカーの開放時間が30秒、開放回数を10回に規制されました。



さらに





SANKYO「ほげえええええ」 





1981年、全遊協は爆発的にシェアを伸ばしたフィーバー機を
店内設置台数の30パーセント以下
することを決めます。


自主規制は7項目あり、フィーバーやデジパチの設置台数の制限の他に


①広告宣伝の制限

②放送等のあおり行為、バケツの使用、終了個数の記載等の禁止

③終了台開放の際に射幸心をあおらない事

④著しく射幸心をあおるおそれのある終了個数にしない事

⑤違反になる機械を作らないようにメーカーや日工組に申し入れる

デジタル始動中及びアタッカー開放中にスピーカーから流れる音を異常に大きくしない事





なんかあんまり今と変わりませんね…



※ちなみに平和が追従して作ったフィーバー機は「ブラボー」というブランドでした。
オールドファンにはピンときますかね…






フィーバーとゼロタイガー

電化していく現代パチンコの礎として燦然と輝く2つを時々思い出してください。







成熟する羽根モノ。
いよいよあのビッグタイトルが登場する。

次回
「貯留式自力継続ビッグシューター誕生!」


お楽しみに!

        魔界村へ