フィーバー誕生には、三共の大きな失敗が元になっています。



ー1977年
三共

 


彡(^)(^)「スロットの概念を取り入れた画期的なパチンコが出来たで!」






彡(^)(^)「リールを止めて図柄を揃えればチューリップ開放!」





彡(^)(^)「新しい!新しい!これは大ヒット間違いなし!」


~ホール導入後~





(´・ω・`)「リールの図柄を揃えたら全チューリップ開放か」




(´・ω・`)「ん~」




(´^ω^`)「ブフォwwwこれ慣れてきたら目押しできるし、超勝てるじゃん」 




(●▲●)「なんだこれ!攻略法でこの台ずっと店の赤字だわ!三共のクソめ!」







彡()()「ほげえええええ」




ブレンド赤坂(三共)

なんだよこの名前…登場時期も怪しいのですが、 スロットにヒントを得て中央役物にドラムを用い、入賞するとドラムが回り図柄をストップボタンで押して揃えるというものでした。

発想としてはそれまでのパチンコにはない斬新なものでしたが、客の目がドラムの回転に慣れると目押しされてしまい、店が大赤字を被り、売れ行きは悪かったと言われています。








 
※なんでも良いので図柄が揃えば大当たりとなります。上皿に各リールのストップボタンがあったようです。













【フィーバー誕生秘話】
ー1979年くらい
三共






彡()()ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙」





彡()() 「ブレンドのせいでドラムの在庫クソ余ったンゴ …   


         




彡(゚)(゚) 「そこの営業マンよ。なんかアイディアないんか?」







(*^◯^*)「こないだホールに行ったんだ!」



 
彡(゚)(゚) 「そら営業やしな…」


 

(*^◯^*)「そこで老害に言われたんだ!」





彡(゚)(゚) 「店長と呼びなさいよ」







(*^◯^*)「『昔の台は良くチューリップが壊れて出玉出っ放しになって店もそれを容認したからそれはそれで楽しかった』なんて話だったんだ。老害の話はつまんないんだ!」


 

彡(゚)(゚) 「!?」

 




(*^◯^*)「!?」




彡(^)(^)

※この話を聞いた事が基になり、意図的に玉が出続ける機種を作ろうというコンセプトが出来たそうです。




フィーバー(三共)
1980年発売
確率などは不明。
いわゆるフィーバー機記念すべき第1号となります。アタッカーの概念がようやく登場です。
大当たり時のラウンド数は「永遠」。
アタッカー内のVゾーンを1個でも通過する限り永遠に続きます。(は?)

店員さんに終了と言われると終了となります。(出玉制限の概念がないので絶対定量制)


インベーダーゲームブームも一過性のものと過ぎ去りつつある時期で


こういうスペックが受け入れられるかどうか未知数だったわけですが、新潟のとあるホールが一気に120台導入して人気を得た事から爆発的にヒットしました。



当時はドル箱が用意されていませんでしたので、大当りするとバケツに玉を移していたそうです。





※諸説あるもののフィーバーというのは当時ヒットしていた




映画「サタデーナイトフィーバー」から拝借したという説が有力です。













フィーバーの爆発的ヒットにより、客足を取り戻したパチンコ。


この当時はあまりの射幸性にショック死する人もいて社会問題に。


規制と緩和の繰り返しはいつの世も同じ。



そして平和は今でも続く1ジャンルを開発する。




次回
「史上初の羽根モノ、ゼロタイガー誕生」

お楽しみに。


        魔界村へ