魔界村へ






【プロローグ】

1946年くらい
パチンコ屋





(゚)(゚)「パチンコ打ちにきたンゴ…」 

※当時のパチンコは通称「べた釘の小物」と呼ばれていました





(゚)(゚)「相変わらず子供も打ってるンゴね…」 

※小物という名前が現すとおり、賞球は4、3、2個と少なく子供の遊技でした。







彡(^)(^)「今日もタバコもらうで!」

※大人が打つ場合は景品のタバコが目当てでした。




彡(-)(-)「とはいえ小物はつまんないンゴね…ウゥ…」

べた釘つまり、すべて均一に420本の釘が刺された状態なので技術介入性、射幸性はほとんどなかったようです。 





小物(正村商会)
戦後パチンコ第一号。上記のとおり、射幸性もなく、均等な釘配列のため玉の動きによる遊技性も幅が狭かったと言われています。











【連チャン整理機開発】

1946年くらい
正村商会




彡(^)(^)「連続入賞して2個目がノーカウントなるのやめーや。連続で入賞しても有効にする装置を開発したろ!つーことで伊藤頼むわ!」




(´-ω- `)「ウス」



※正村氏が正村ゲージを開発する少し前。当時は連続で入賞口に入賞した場合は最初の玉だけが有効というシステムだったため、「連チャン整理機」なる連続した玉を判別し、有効にする装置を伊藤寿夫氏が開発しました。
(この伊藤氏が正村氏の没後に独立してパチンコメーカーまさむら遊機を設立)



宝くじ(正村商会)

パチンコの賞球システムにメスを入れた記念すべき一台。
これと正村ゲージのどちらが先開発されてたかは諸説あるですが、社内にいた通りすがりの爺さんに聞いたところ、
「これを元に特定の入賞口を狙える天釘とかの釘配列にしたから後じゃない?」
とのこと。いやこの辺の話はファンタジーをおびておりますね。











【オール物登場】
1948年くらい
正村商会


(゚)(゚) 「なんか新しいゲーム性ないんかな…」
 




(゚)(<) 「…」 






彡(^)(^)「つーことで伊藤頼むわ!」





(´・ω・`)「は?ガチギレ








オール10正村ゲージ(正村商会)

ガチギレした伊藤氏が開発したのが「オール物」。どこの入賞口に入賞しても同じ賞球が払い出される仕組みです。このオール10は10個の払い出しと 村ゲージのスリリングな玉の動きが組み合わさり全国的な大ヒットととなります。
後発のオール15、さらにオール20まで開発されることになり一気に射幸性を増し、パチンコは「大人の遊技」へ変貌します。











【連発式登場】

1950年くらい
豊国遊機製作所

(*^O^*)「ハンドルに革命なんだ!」

※当時のハンドルは左手で一発ずつ込めていました。玉をある一定数、一度に込めてハンドルを弾くだけで玉が発射台に自動的に装填されるようにした「デンデン虫」 が菊山徳治氏により1951年に開発されます。







(*^O^*)「もっと遊び易いハンドルにするんだ!」


更に、菊山氏は翌年に機関銃方式を開発して上皿に玉を入れておけば自動で玉が装填される方式を開発しします。
更に賞球も自動的に上皿に集まり全く左手を使う事なく遊技が可能になった循環式を開発。これらのパチンコ台は総じて「連発式」と呼ばれています。






連発式オール20(富国遊機製作所)

全入賞口が20個払い出しという射幸性と連発式の最大利点である発射スピードの向上が相成り、一躍ブームの火付け役となります。
大分、今のパチンコに近づいて来たような…?
単発式の玉の発射スピードが1分間に50発~70発であったのに対して、倍以上の150発もの玉が発射可能でした(現在は100個)。 
そこに払い出し20個なので…(ゴクリ)











【黄金時代到来】


※小物でタバコ狙っていた時代とは射幸性、遊技性ともに段違いに上がったことから

未曾有の
第一次パチンコ
黄金時代

が到来します。







1953年当時の全国パチンコ店軒数はなんと驚愕の






















43452軒!!
※2015年現在  約10900軒




1953〜1954年は諸説ありますが遊技機メーカーも600社を超えていたとのこと。


正村竹一氏は莫大な利益を上げ「今太閤」と呼ばれるまでに…




パチンコ業界がこの黄金時代を謳歌していたのですが、





1955年、パチンコ業界は壊滅的大打撃を受けることとなります。










次回「黄金時代の終焉」

お楽しみに! 


本当に需要あるのかコレ…
        魔界村へ