※夢の中の話です。フィクションです。ファンタジーです。





???「シスタークエストを取り扱うならウチの製品を一切卸さない。」




そんな通達を某メーカーが販社、代理店にした。

という噂を聞いたのが先週だった。











■シスタークエストシリーズ


パチスロから撤退したSNKプレイモアの「シスタークエスト」は正に無敗のキラーコンテンツ。同じく無敗を誇る「スカイラブ」と並ぶパチスロにおけるSNKの二大巨頭。


そのシスタークエストが5年の月日を経て復活。



もちろんSNKプレイモアからではなくハイライツエンタテイメントという別のメーカーからリリースされる。



  ピーワールドの機種別ページを見るとパチンコメーカーに比べパチスロメーカーの数は倍以上多い。

しかし半分以上は廃業、撤退しているメーカーである。

パチンコに比べると参入条件は低く、間口は広いものの、その後コンスタントに商品をリリースし生き残ることは非常に難しいパチスロメーカー。

この聞いたこともないメーカーにシスタークエストを任せて良いのか…








■アイ電子

ハイライツエンタテイメントという会社が表舞台に出てくるのはアイ電子との合併が最初である。

アイ電子…
パチスロ及びホール周辺機器メーカー
(代表機種:ソーラー7、鬼神7)
というかこの2機種しかリリースしてない


アイ電子は昨年7月にハイライツエンタテイメントと合併して社名を変更、ハイライツエンタテイメントに生まれ変わる。


ハイライツエンタテイメントのHPにて、沿革を見てみるとまんまアイ電子の沿革であることがわかる。



ということでハイライツエンタテイメントは昔からある会社ではなく、アイ電子を吸収合併するためだけの会社である。











■ハイライツエンタテイメント


ハイライツエンタテイメントの後ろには大きな金主がいると思うのが定石。


と調べていくと金主は東証2部のJトラストという企業に行きつく。


Jトラスト…
金融業、不動産業を主とした企業。
ゲームセンターのアドアーズを運営している。




要するにJトラストの遊技機事業進出のための会社としてハイライツエンタテイメント、その為に肥やしになったアイ電子という図式が見えてくる。


バックに潤沢な資金を持つ上場企業がいるというのは今まで消えていった泡沫のパチスロメーカーとは大きく違う。


これはシスタークエストも安泰なのか。












■因縁


アミューズメントジャパン11/14号にてハイライツエンタテイメントCOOがインタビューに答えている。


2月より就任した長谷川哲也代表取締役社長COOの前職はサミーのIR担当だったが、Jトラストの遊技機事業参画に魅力を感じ、サミーを離れたようだ。



会社情報を見ると長谷川COOの上には中山圭史代表取締役会長CEOの名前がある。

こちらは前セガサミー社長であり、里見会長の右腕と呼ばれる存在だった。
しかし、2013年に突如相談役を辞任し、今年ハイライツエンタテイメントの会長に就任。


元サミーが経営トップを占めるハイライツエンタテイメント。

正直、

「派閥争い、内紛の果てじゃね?」

と誰もが思うような体制がゆえに


サミー「シスタークエストを取り扱うならウチの製品を一切卸さない。」


などという噂が跋扈したのだろう。


噂…なのかどうかはわからないがシスタークエストの導入台数が伸びなかったらこの線も疑っていただきたい。









■新しいビジネスモデル

この金融業メインの企業をバックにしたメーカーの強みなのか、投資ファンドを使って資金を集め版権を買い漁ってると聞く。(放映中の人気アニメも持ってるとかなんとか)


この点に関してはフィールズの独壇場だったところに第二の勢力が生まれたとも言える。

グッバイフィールズ。


昨今の事情を鑑みるに版権が強ければ名機ということはないのだろうが、それにしても今まで喉から手が出るほど欲しかった版権が手に入る可能性もある。



何はともあれ、シスタークエスト及び次機種スカイラブには機械と共にメーカーの動きとしてもハイライツエンタテイメントには注目せざるをえない。

さぁ



 







 

サミーと全面戦争じゃ!








(了)



絶賛稼働中のCRF.タイガーマスク3

超高継続!98.8%!

と著しく射倖心をくすぐってくる。

この65%継続で停滞気味の新基準機市場に切り裂く1台。さすが業界の盟主SANKYO様。

SANKYO万歳。

SANKYOマンセー!

vivaSANKYO~~!(*^^*)



















なんて思ってるわけねーだろ馬鹿野郎。表出ろ。







■仕組み

ご存知のとおり、新基準機は確変継続率65%以下。

なのに新基準機のタイガーマスクが98.8%の継続率をなぜ持てるのか?

表面上のスペックはアフィカスサイトに書いてあるのだろうからそちらをご覧いただくとして、

ループにしろSTにしろ65%以下の継続率しか持たせられない以上、タイガーマスク3は大当り以外で出玉を増やしている。




タイガーマスクにおいて大当たりは出玉を増やす役割ではなく、内部状態を移行する役割を担う。

実際に出玉を増やしているのは普通図柄、つまり電チューである。


「確変継続率に限界はあっても、電チューの開放抽選に限界はないからwww」


タイガーマスク3のコンセプトはここにある。









脱法ハーブ的な1台

タイガーマスク3がアウトかセーフかという議論となれば、保通協で適合し、各都道府県の公安委員会からお墨付きをもらっているわけなのでまごう事なきセーフだろう。


しかし、果たしてホールでの遊技方法で試験をしたかは疑問符が付く。



まるで「観賞用ですよ~~」と謳い実は違う目的で乱用されている脱法ハーブのようなもの。


現行内規の試験方法の穴をつき、欺いた1台と言える。



そもそもこのタイガーマスク3、ラッシュ突入率は50%と謳っているものの直撃ラッシュ突入率は50%ないようで、ラッシュ非突入時短1回時の引き戻し込みの突入率となっている。


ちなみにCR涼宮ハルヒの憂鬱も北高祭突入率が公表通りの53%はない(※1)と聞いた時もショックだったがなんでこのメーカーはいちいち盛るのだろうか…?

※1 図柄揃いの直撃は42%程度。初当たりも本当は1/328である。












■舌の根も乾かぬうちに


今年1月、SANKYOはもうお腹いっぱいのファーストガンダムのパチンコ最新作に際し、こう語った。



「業界内の問題が一般報道され、パチンコをしている人びとは不安に思っている。日工組でも今後、ベース30の徹底が決定されており、守らなければ未来はない。安心安全に使える機械として本機をたのしんでいただきたい」と挨拶した。


[日刊遊技情報]2016年1月21日より





ここで高らかに謳われたのはヘソの賞球下限である4個ではなく、「ANSHIN5」と称するヘソ5個賞球にすることでベース30を始動口である程度担保しようということ。



彼らの言葉を借りれば大衆娯楽回帰


「ギャンブルではない、娯楽、遊技としてのパチンコ作りをしますよ」


という宣言だ。




なのに




タイガーマスク3はヘソ5個賞球こそ守られているものの、遊びやすさや大衆娯楽と対極にある生きるか死ぬかのギャンブルマシンだ。



「いや~~機械ごとにコンセプトが違いますんでね~」


なんて言い訳は聞くことなかれ。


コンセプトの根底はガンダムの時に言ってたことだろうが。



そもそもMAX機の遊技とは呼べないような出玉性能が問題視されてここまで締め付けられているのである。


MAXが規制され、試験時とホールでの遊技機の性能が違う、不正だ!と国会で問題なっているのにも関わらず、





SANKYO「イェーイ(*^^*)/」



とやっていることに業界の盟主、トップメーカー、上場企業の風格は、ない。











■どうせ他のメーカーも道連れ




タイガーマスク3は確実に規制されるスペックだ。



それを知った上でゴーサインを出し、スペックなどは情報統制、さっさと案件締め切り、数万台を売り抜けたSANKYOは商売人としては優秀なのかも知れない。


が、高らかに謳った安心安全遊技機のコンセプトを翻してまで出すべきものだったのか?今後を見据えた上で果たして最善手だったのか?



タイガーマスク3のスペックが世に出る前から水面下で警察から


「あぁ?てめーらで継続率65%以下って決めたよな?なんだこれ80%?85%?どうなってんの?」


という注意があったという噂がある。




タイガーマスク3も規制されると同時にダークフォース(高尾)、戦国恋姫(藤商事)、巨人の星(サンセイ)あたりの確変65%の拡大解釈スペックも規制されるだろう。




結局、自制が効かずリリースしたのも


「規制される?どうせ他のメーカーも道連れだからwww」


と、業界特有のやらなきゃ損損、やったもん勝ち精神が見え隠れする。




泡沫零細メーカーが一発逆転狙いでという立場ではないだろう。



業界トップを自負し、実力も財力もある規範となるべき上場メーカーがこれですではどうしようもない。


裏ワザで安易に旧内規の継続率再現にベクトルを向けてしまったSANKYOは田所「† 悔い改めて†」


そしてエヴァゲリオン版権は各社持ち回りで作ることにしていただきたい。


あくまで私個人の妄言です。


(了)




エヴァンゲリ論、最終回はヱヴァンゲリヲン9です。

8代続いたループタイプから回数切り確変のSTタイプへ大きくモデルチェンジしました。











ヱヴァンゲリヲン9

大当たり確率:1/390.1
高確率:1/62.6
賞球数:3&2&3&10&15
カウント数:9C 
確率変動率:100%
ST継続率:80%
導入日2014年12月
販売台数:10.3万台
(別スペック含むともっと多い)






・Q素材完全解禁
2012年公開のヱヴァンゲリヲン新劇場版Qの素材をふんだんに使った演出となっている。破を三作使い回したことから液晶演出はマンネリ化していたが、Q自体面白かったかは別として演出としては目新しさがあった。







・専用筐体、盤面
8から大幅リニューアルとなった専用筐体を使用。コアをイメージしたチャンスボタンはユーザーに大きさ、見た目ともに大きなインパクトを与えた。
さらに2枚の透過液晶を活用し初号機役モノを盤面奥に隠し、要所と大当たりで出現させる。
同年は『牙狼金色になれ』という革命的な筐体が登場したこともあり、エヴァ9の筐体のインパクトは薄れてしまった感はあるが、エヴァ筐体の完成現役形と言っても過言ではない。





・シリーズ初のST
8まで続いたループタイプから80%継続のSTタイプに変わった。VST主流のトレンドに寄せた感はあるが、100%突入STで間口を広く人を選ばなスペックにしているところは好感が持てる。
8個保留なので初回大当たりから16ラウンドを狙えるのも良い。




・液晶演出
Q素材を使った新演出以外は、8からマイナーチェンジ程度で踏襲しているところがほとんどである。ちなみに8で大当たり確定だった金保留は9では赤保留とほぼ同じ信頼度、保ゼロの変動はほぼ擬似連という点を見ても、『専門学生が卒業制作で作った』説を継続せざるを得ない。






総評
エヴァ8が酷かったので若干よく見えたのは否めない。が、エヴァ9も大概である。
保留変化のイライラ感(例えば緑保留があり、液晶上に保留変化のアイコン発生しても緑保留ではなく、違う保留を白保留にする)など、

テメェ…パチンコ打ったことあんのかよ?

という点が散見されるが、やはりエヴァ8が酷すぎて許せてしまう。




最後に
ナンバリングとしてはXがあるのですが、実際打ってないし、打ちたいという気持ちもないので何も語れません。
大きく勝った人が大いに語ればいいと思います。


本当に代を重ねるにつれて私はエヴァを語れないし、エヴァは語らせてくれなくなりました。

規制によりスペックが変わることは仕方ありません。


新しい演出を搭載するのもわかります。


変えなく良くない?という点も多々変えしまいもう何の個性のない機械になってしまったのは至極残念です。



懐古厨のオヤジの寝言はこれにて終了です。


それではクソイラつく液晶演出と決別した時、リリースされるであろうCRドラムエヴァンゲリオンでお会いしましょう。

ご愛読ありがとうございました。

(了)

↑このページのトップヘ