パチンコにおける釘の問題は非常にデリケートである。


釘調整に関する摘発は日本各地でコンスタントに起こっている。



パチスロは6段階の「設定」で初当たり確率から小役確率、出玉性能、1000円ベースまで、そもそもの機械性能を変えられるが

パチンコはどこまでいっても機械性能は1種類。


スタート、出玉関係は全て釘に依存している。



いろいろグレーだった昔ならばまだしも現在の釘は


「メーカーの出荷時の状態キープ」

が前提で、


1日フル稼働なら5万発前後打ち出される銀玉により釘が曲がるので、メーカー出荷時の状態に戻すというメンテナンスしか認められない。



換金率等は一切関係ない。



日本に設置してあるパチンコは全てメーカー出荷時と同じ釘の状態でなければいけないのだ。











んぁぁぁぁぁぁぁ!!



もう面倒くさいもおおおおおん!!



大一の加速装置みたいにさ、



絶対こぼさない形状にして250個なら10個に1回、始動口に入るようにして、
1k25回必ず回せるようにして釘なんかなくしちまえよぉ!払い出しなんかいらねえよ!もう!




というわけにもいかないのがパチンコである。




技術介入性こそパチンコが遊技である証明なのだ。


誰もが同じスタート性能で運のみで結果が変わるのならそれは海外のカジノと同じ。ただのギャンブル。



打ち手の技術により、結果が変わる日本独自の遊技として成り立っているのはそこにある。



それには釘の存在は不可欠であり、全ユーザーが平等なスタートラインに立つためにもメーカー出荷時の状態をキープするのもわからん話でもない?なくない?



さて、パチンコにもパチスロのように設定機能が搭載された時代もあった。



設定機能なり、天井機能なりの解禁するのもまた遊技性の幅を広げることに一役買いそうな気もする。


そこで機械性能が調整できるなら釘を必要以上にいじる必要もなくなることにも繋がらないだろうか。



今回は現行のパチンコの枠内で

天井機能を付けようとしたしたキチガイパチンコを解説します。

 










第2回
天上のランプマスターS128




天上のランプマスターは2010年に豊丸産業から販売されたパチンコ機であり、パチンコ史上初の天井機能を試みた。
谷村理論ではない。
豊丸は本機でパチンコ業界の天下を取れると思っていたようだ。






【スペック】
1/152.6  

ST継続率85%


お、普通のST機やな。 


天井機能とは…








【大逆転スペック】
普通のST機どころか、考えた人はマジで頭イかれてる。


まず本機の真実の大当たり確率は

1/49.6である。

さらに高確時は1/39.5である。





本機は大当たりした場合のほとんど(86%)が出玉なしサポなしで潜伏する仕様である。



しかしこれは確変中のみである。




通常確率の1/49.6で大当たりした場合、全て70or127回のSTトレジャータイムに突入する。



つまりユーザーが通常時だと思って回してる部分は潜伏確変で、


実は通常確率を目指して遊技している。


普通パチンコとは全く違う大逆転のスペックとなっているのだ。



最近で言うところのスロットのリノみたいね。












【天井の仕組み】

実は本機、

確変突入率97%
ST127回
15回リミット



なのである。










   何言ってんだコイツ


という方も多いだろうが、まぁ聞いて。



本機は


確変が終わる条件を
3つ持ってる

ということ。






・振り分け3%の4ラウンド通常を引いて通常状態になる。
※他にも確変当たりの11%で電サポがつく。これを含め14%を引ければトレジャータイムに突入。





・ST127回転をスルーして通常状態になる。
125回転目で潜伏引いたりするとまた最初から。まさに天井ストッパー。


・14回連続確変大当たりを引き、15回のリミットに到達する。15回目の大当たりは必ず通常大当たりとなるので通常状態になる。
↑これが1番多いし、キツイ…




この条件を1つでも満たせば
(これの合算が1/152.6ということ)


次の大当たりは必ず電サポ付き85%継続のSTトレジャータイムに入る。




これが天井の正体である。







【逆転の発想】

ご存知、パチンコの通常時は青天井。
マックスタイプなら1000回でも2000回でもハマることがあり、天井などない地獄でもある。



しかし、確変中なら 

突入率
回数切り
リミット


と、色々な制約を課すことができるという点に着目。


確変中を通常時に見せ、普通のパチンコなら冗長な通常時を大当たり以外に天井という待つべきものがある状態に昇華させた。



この逆転の発想…凄…かったはずだが…







【エピローグ】

「これで天下を取る!」
と意気込んだ豊丸だったが、コアな層に受けても一切万人受けはせず、ランプマスターは消えていった。








その後、藤商事がランプマスターをまんま踏襲したスペックでリリースした


     CRヴァンヘルシング

が高評価を受け、このスペックは

「こんなスペック考えるとか藤商事はマジスゲェわ…」

という評価のまま、静かに規制されていった…













まだ打てるので是非どうぞ。
「気分上々↑↑」などミヒマルGTの楽曲 が流れる豪華な仕様に豊丸の覚悟が伝わる一台である。




       魔界村へ    

                     にほんブログ村 パチンコブログへ







撤去機リストが出ましたね。基本的には2年前のマックス機がメインで約5万台。
半分近くにあたる2万台が大ヒットした消されたルパンとなっています。


当ブログも今後とも変遷するパチンコの最新解析を載せつつ………







ともあれ、 もう誰も打たないだろう機種を解説する新企画スタートとなります。












第1回
CR奇跡の電役
キャプテンロバートZ 








【スペック】

CR奇跡の電役キャプテンロバートZは豊丸産業から2007年に販売されました。

そのシステムはある意味革命ともいえます。


1/143.8   
継続率96.4% 
出玉は80個くらい











【仕組み

盤面を見ると3つの電チューが目を引きますネ。








スタートはスルーチャッカーということで、


「ナナシーと同じ…つまり一般電役やな!」


と思った方も多いと思います。


このキャプテンロバートは電役タイプ…なんですけど…なんていうか…


電役とセブン機の亜種


と言えるスペックとなっています。




一般電役とセブン機の大きな違いといえば


特別図柄の有無


と言えます。



ざっくり言うと

普通図柄→電チューが開く抽選
特別図柄→アタッカーが開く抽選

となっています。


セブン機はヘソにて特別図柄を抽選して当たればアタッカーが開放するわけですが、





一般電役には特別図柄の抽選がなく、普通図柄の抽選で電チューを連動させて出玉を増やすタイプ。




ということで一般電役にはアタッカーの概念もなければ確変の概念もないのです。








じゃあキャプテンロバートは?と言うと見た目は般電役風セブン機となりますネ。


スルーチャッカーの

1/143.8で下のONEと書かれた1電チューの開放抽選をしているのはいかにも電役のようなのですが、1電チューは約1/1で特別図柄を抽選しています。つまりアタッカーを開く抽選をしているのです。




一般電役だった場合はこの1電チューで下に連なる電チューの普通図柄を抽選しているので決定的にちがうのはここです。



つまり本当の電チューは1電チューの形をしてるだけで、液晶下にある2と3の電チューの形をしたアタッカーなのです



確率変動は81/84で96.4%
つまり80玉×1G連のコンボが超高継続で続くことになります。










【革命的継続システム】

そういえば最近システム違うけど

90%ループほぼ1G連の台あったネ。
この台、右打ち中は保留がないんですよ。







キャプテンロバートも1/1で大当たりする台だから保留無しタイプかと思いきや


特図は保留4個です。


   
いやいや…
状態関わらず1/1で大当たりなのに…?
保留4個あったら4連確定ですよ?





 
        そうだよ(便乗)





1電チューは4.5秒or8カウントで保留4まで。
※ちなみに初当たりで入賞させないとパンクします。






ということは

1~3個目の保留が運悪く3/84で転落してても、

最後の保留が3/84(3.6%)の通常当たりを引かない限り確変は終わらないのです。




      神     台     か








そんな電役のシステムで通常ベースを下げ、出玉を少なくした分、今までにないパチンコ史上最高の継続率を生み出した名機。

そんな奇跡のCR電役キャプテンロバートは全国のホールに好評…

ま、古い台だからそんなにはないけど…

多少は…



































ご意見ご感想お待ちしております。

       魔界村へ    

                     にほんブログ村 パチンコブログへ

どうも。日雇いレタスです。

国内絶滅寸前の羽根物を何も考えずに打つ本企画。

3機種目はこちらです。






CRA羽根ぱちんこ水戸黄門
(2008年・京楽)

設置店舗数
全国4店舗






■そんな時代もあったねと

羽根物というジャンルは1985年に登場以来、様々な変遷を経て今の形になっています。 

皆さまご存知とおり現在の羽根物のトレンドは2012年6月導入のアムテックスのトキオデラックスが作ったものです。

そのまま5年経た今も「純然たる羽根物」「ラウンド振り分けタイプ」が王道として羽根物の流れを形成しているわけです。

それ以前の羽根物は時短付連チャン羽根物が結構ありました。


メーカーによって様々なのですがこの水戸黄門は突入率1割程度で高継続タイプ
に分類されます。







■ゲームの流れ

もう書いててよく分かんなくなりましたが、V穴は固定で可動しません。

基本は黄門様の股間印籠経由でV入賞します。黄門様の印籠が前に出て玉をキャッチすればほぼ当たり。 

これは京楽伝統の金型なので皆さんもよくご存知かとは思います。

稀に助さん格さんの手からイレギュラー入賞もありそうですが……期待はできないでしょう。








■水戸ラァァァッシュ!

本機には時短100回転が84%でループする水戸ラッシュが搭載されています。
終了条件が16ラウンドを引くことなのでそれなりの出玉を確保して終われる爆裂契機です。

突入率は羽根ルートだと5.6%です。

………は?無理だろこんなの…


まぁ羽根物なので大当たり回数も多いだろうし…ま、多少はね?

これとは別に1/391の液晶大当たりは21%で水戸ラッシュに突入します。


■ラウンド振り分け(水戸ラッシュ突入率)

3ラウンド25%(0.2%)
6ラウンド25%(0.4%
9ラウンド25%(1%)
16ラウンド25%(4%)





■稼働
さて、打ち始めると鳴きは調子が良いものの、拾いません……

いつものことですがイラつきます……


たまに拾いますが激アツルートの依存率が高い故に通常ルートはほぼ死に玉。


激アツルート以外の大当たりに繋がるルートは助さん格さんの手により肛門周辺へ玉を寄せ、印籠に挿入するルート……


……と思っていたら25鳴き目。

本当にそのルートでキター!

印籠にさえ入ってしまえばVまで邪魔するものなしのウイニングロード。


神よ……俺をしゅ(中略


ということでV入賞!


















台「キュインキュインッ!!」





!?(恍惚)



Pフラだぁぁぁぁぁぁぁ!






なんと5.6%一発ツモ………


ここから84%の高継続ループ!


やっぱり羽根物最高〜〜(^^)v



























水戸ラッシュ非突入




Pフラは16R確定だけでした!クソが!












総評
★★★☆☆




打ち始めの良好な精神状態で水戸ラッシュを目指す分には楽しいのですが、とにかく突入しないため、やがて精神が蝕まれてイキマs







星3deth。 

水戸ラッシュでウハウハしたい…そんな希望込みで星3です。

拾いさえすればらたとえ時短が無くても面白いんじゃないすかね…?


ちなみに16ラウンド分800個を隣のピンクレディーに全部飲ませたところで悔し涙に泣き濡れて退店です


ありがとうございました。


(了)


↑このページのトップヘ