その日は…いつだっけ…? 

なんとなくホールを徘徊しておりました。



このホールは世にも珍しい(くもない)天下一閃AC1200が設置してあります。



私も何度かパチンコ博物館併設のクソボッタ店打ってはみましたが、

「やっぱ違うわ…」

ってなりますよそりゃ。

だって、大当たりは

6個賞球×7C×15ラウンド=630個払出

の2セット。

実質1000個弱獲得ってとこです。

4500の1/4程度の出玉なのに飛び込みは若干良くなった程度のもんでしょ。

そらキツイ…キツイっすよ…










2台あるAC1200、この日はなぜか4箱ほど持ってるおじさんが1人。

これはワンチャン…ある?

試しに打つ価値はありそうかなと空いていた隣の席に座るわけです。


0.5kの飛び込みは…















4回!



いやぁこれは勝ちましたね。ありがとうございました!


















…で


でだよ。なぁ。















なんで21回飛び込んで3回しか下役物に行かないんですかね



ぁぁぁぁぁぁぁ!
ハンドルの根元を捩じ切らんばかりに握力が強まるゥゥゥ!





1/3の不ヅキに見舞われてもなんとか28回目の飛び込みが大当たりに繋がる。

よく覚えてないけど、メモによると5.5kらしいので飛び込みの良さが如実に現れていますね。

ということで以下データ羅列。





⑴5/28(下役物/飛び込み)


⑵4/11

⑶1/1

⑷6/16

⑸2/7

⑹4/12

⑺3/15

⑻2/3

⑼2/8

(10)6/15   35

(11)4/16

(12)5/8

(13)3/5

(14)5/29

(15)5/12

(16)1/1

(17)5/12

(18)2/13


計算方法はよく分からないけど、下役物に65個で18回当たりだから…

役物1/3.6!?

Vやねん!


この時点で手元に4000個に満たない程度の出玉。


んで18回目の大当たりが終わったときでした。







「あの〜よかったらやめるんで打ちますか?」

と、隣の人が言ってくるではありませんか。

「どうせガキに打たれて潰されるだけですし、そちらも良さそうですけどよかったらどうぞ」

マジすか…

いや横目で見てましたけどそっちの台あり得ないくらい飛び込んでまして、目立たないように音量最小してたやないですか…

いやでもこっちも良いしなぁ…








いや良くねぇわ!
回転体1/3突破できないイライラが限界だったので


遠慮なくいただきます。




で、打ち出すとまぁ大変。飛び込みすぎィ!こりゃ音量最小にしないと目立つよ…



だけどさ、




紅く 紅く 吠えろ流星〜〜♪
天の名の下に
光放つ赫(ほし)となれ(HEY!)



を聞きたいじゃない…



なので2セット目から音量を上げて打つ苦肉の策で対処しました。
特に意味のない報告ですが現場からは以上です。






以下データ羅列。

⑴3/9

⑵1/4

⑶3/4

⑷4/6

⑸3/12

⑹1/1

⑺1/2

⑻1/1

⑼4/10

(10)2/4  

(11)9/27

(12)2/4

(13)3/5

(14)4/16

(15)1/6

(16)1/1

(17)6/27

(18)3/7

(19)9/35

(20)6/24

1/18(死ね!)ヤメ



下役物20/63個 

 1/3.15  

ヒェ〜www


めちゃくちゃ飛び込むし、この役物なのでほぼ出っ放し。

前任者が初当たり28回、自分が20回なのでデータカウンターは


なんで18回目の大当たりで撮ったのしかないのかかか…


トータルで96回でした。





しかしまぁ王将しかり天下一閃しかり、当たりの分母が小さいタイプは特に回ったら大事故になりやすいですホント。




そういえば役物機と言うとゴトが怖いですが、天下一閃はゴトの付け入る隙がない点が評価されています。

僕は常々考えています。天下一閃もゴトが出来るのではないかと。

今考えているのは















なんとかダンゴムシを飼い慣らし、回転体のハズレを埋めて1/3を1/1にするゴトです。


成功したら蔵を建てようと思います。
ありがとうございました。

※これはフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。


1: 名無しさん@おーぷん2017/03/31(金)20:34:14  ID:rudu

彡(゚)(゚)「え…?」 





(●▲●)「ですから、CR必殺ビジネスマン5を買うにはこのパチスロ水戸アナル、2ヶ月後のパチスロ精神病質のご購入が最低条件です。」






彡(-)(-)「(仕…ビジネスマンは欲しいけど流石に絶対クソ台のパチスロ買う余裕はないで…)」




彡(-)(-)「い、一応…社長に相談してみるで」


(●▲●)「1台ずつで大丈夫なので早くしてくださいね」





〜〜2日後〜〜





彡(^)(^)「なんとか無理言って水戸アナルと精神病質1台ずつ買えることになったわ。必殺ビジネスマン持ってきてクレメンス」



(●▲●)「は?パチスロ1台ずつではビジネスマンは売れません」



彡(@)(@)「なんやて!1台ずつで大丈夫って言ったやんけ!」 



(●▲●)「状況というものは常に変わるものです。2日前とは状況が違います。最低2台ずつお願いします。」




彡()()「さすがにもうええわ…本当に抱き合わせえげつないわ」



(●▲●)「これが市場の原理、商売の常識というものです。」

 


彡(゚)(゚)「そういうもんなんか…」







2: 名無しさん@おーぷん 2017/03/31(金)20:35:26 ID:rudu

???「本当にそうかな?」




彡(゚)(゚)「誰やねん」
















山岡「おにいちゃんは抱き合わせ販売が本当に商売の常識だと思ってるのか?」





彡(゚)(゚)「山岡さん!」









5: 名無しさん@おーぷん 2017/03/31(金)20:36:51 ID:rudu


山岡「露骨な抱き合わせ販売は独占禁止法2条9項に定義される『不公平な取引方法』に抵触している。」





【抜粋】
私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律  2 条9項

5 自己の取引上の地位が相手方に優越していることを利用して、正常な商慣習に照らして不当に、次のいずれかに該当する行為をすること。

イ 継続して取引する相手方(新たに継続して取引しようとする相手方を含む。ロにおいて同じ。)に対して、当該取引に係る商品又は役務以外の商品又は役務を購入させること。

【注】筆者は門外漢で本当によくわかっていません。調べてみたところここが該当するゥ…ですかねぇ…








山岡「何が商売の常識だッ!お前らがやってることは立場を利用した卑怯な行為なんだぞ」





彡(^)(^)「山岡さん!栗田さん!」




(●▲●)「言いたいことはそれだけですか?」




山岡「何ッ!?」






 


6: 名無しさん@おーぷん2017/03/31(金)20:37:36 ID:rudu


(●▲●)「そもそも私は抱き合わせ販売などしていません」




彡(゚)(゚)「は?殺すぞ」





(●▲●)「おにいちゃんさん。私は匂わせただけで明言していません。」



彡(゚)(゚)「あれっそうやっけ」

 


(●▲●)「つまり、このパチスロの購入に関しては買えばビジネスマンが買えるかも…という機械購入決裁者であるおにいちゃんさんの勝手な忖度なのです。」





彡()()「うーん。なんかそんな気がしてきたで…」




(●▲●)「山岡さん。あなたはおにいちゃんさんが勝手に気を回してパチスロ買ったことを抱き合わせ販売とおっしゃるのですか?」





山岡「なんて奴だ…」







23: 名無しさん@おーぷん 2017/03/31(金)20:42:30 ID:rudu

(●▲●)「さらに問いましょう。あなたが売る側だったときにいつも買ってくれるお得意様と普段全く買わないのにいい商品だけ買いにくる客。どちらを大事にしますか?」 





栗田「それは…お得意様よね」




(●▲●)「そうです。少なくとも私はお得意様に恩を返す意味で良い商品を提供したいと思います。買ってくれるお客様とそうでないお客様の存在自体が不公平なんですよ。」




(●▲●)「人気商品に殺到した場合、購買実績のあるお得意様を優先することになんの不義理があるのですか?」



(●▲●)「しかも、私は購買実績に対して足りなそうなお客様にもパチスロを買うことで実績を得られるチャンスを与えているのに…」




(●▲●)「山岡さん。あなたが言っていることは正論…いやご立派な理想論です。しかしこの特殊な商品を販売する現場を無視した机上の空論ですよフハハハハ
















山岡「言いたいことはそれだけか?」





42: 名無しさん@おーぷん 2017/03/31(金)20:45:24 ID:rudu


山岡「お得意様を優先するならそもそも先にあれ買えこれ買えはおかしいだろ。売れないと断るだけでいいはずだ。」




(●▲●)「は?」






カチッ

(●▲●)「は?パチスロ1台ずつではビジネスマンは売れません」



彡(@)(@)「なんやて!1台ずつで大丈夫って言ったやんけ!」 



(●▲●)「状況というものは常に変わるものです。2日前とは状況が違います。最低2台ずつお願いします。」






(●▲●)「貴様!音声とってやがったのか!!」





栗田「これが忖度…?明らかにパチスロの台数を増やすように言っているわ」







山岡「注文殺到して台数が足りないならパチスロ云々言わずただ断れよ。お得意様優先するんならそれが義理だし、常識だろ」






(●▲●)「いや…だからお得意様になるチャンスを与え…」







山岡「それは圧倒的に優位な立場から抱き合わせ販売しているだけだ。欲しくもないものを売りつけて財務状況を圧迫し、廉価で良い商品を選ぶ環境すらお前らが奪ってるんだよ!」







49: 名無しさん@おーぷん 2017/03/31(金)20:49:45 ID:rudu

(●▲●)「キレイゴトバッカイイヤガッテ…他のメーカーもやってるし、こうやったほうが全てスムーズにこと運ぶんだよ… 買わない店は容赦無く切れるし、抱き合わせで予算削れば他のメーカーの機械は売れないし、一人勝ちなんだよ…」




彡(゚)(゚)「よく考えたら抱き合わせが常態化しているこの業界が異常なんか…」
 



山岡「おにいちゃん。あんたも機械単体の評価なんて二の次で抱き合わせに付き合ってる時点で選定者の資格なんかあるのか?」




彡(゚)(゚)「なんやて!」









53: 名無しさん@おーぷん 2017/03/31(金)20:51:00 ID:rudu

山岡「この機械がないと営業できないなんて機械は昔に比べたらそんなにないよ。それでもまだメーカーの言いなりになるなんてそもそも選定することも考えることも放棄したと同義だ」



彡(゚)(゚)「せやかて…」




(●▲●)「…店長、この人は何もわかっていませんよ。机上の空論で正義を振りかざしているだけの部外者です。



(●▲●)「ご検討のほどよろしくお願いしますね。では失礼します。」




56: 名無しさん@おーぷん 2017/03/31(金)20:58:00 ID:rudu



山岡「実は2009年に抱き合わせ販売は是正すると業界4団体は合意しているんだ」

栗田「そんなに前から!?」




山岡「結局是正への動きはないし、抱き合わせができるメーカーはそれだけ魅力的なコンテンツを持っているとも言える。強者の証と勘違いしてる節もあるんじゃないか。」

山岡「ただホール側も動き出している。ホール団体のHPは不公平な販売に対する通報のメールフォームもあるし、サンセイに牙狼の販売方法が極力公平であるように要望文書送りつけたようだしな。」







山岡「メーカー優位でなく、ホールが廉価で良い商品を選ぶ環境が結局エンドユーザーにも優しい環境を作るんだ。」



栗田「本当にそうなるといいわね。」




山岡「まぁ無理だろう」





おわり


【登場人物紹介】

D君・・・・本名「Dライト」。パチスロ学園に転校してきたクソ台ハンター。ツナのオイルをアナルに転用することで快感を得る変態。

鷹砂・・・・D君のクラスメイト。D君に覚悟を試されイズミと対峙する。

ネツト・・・学園の風紀委員長。最愛のRioをオリ平に略奪された過去を持つ。

オリ平・・・学園2年の番長。「萌え豚殺し」の異名を持つ。

イズミ・・・オリ平の子分。藤・昭二、ベル子とともにオリ平に忠誠を誓った。


【momo先生のオリジナル版を読んでから読もう!】

【平成パチスロ学園】第1話「恐怖!爆音クレオフ攻撃」
http://momo-slot.doorblog.jp/archives/36867566.html


【パチスロ学園】第2話「テメエらのナビは何色だ!」
http://momo-slot.doorblog.jp/archives/36921973.html


【パチスロ学園】第3話「死ぬのは奴らだ」
http://momo-slot.doorblog.jp/archives/37837352.html

—————————————————————————————————————






D君「その覚悟が本物なら認めてやる!
  今からオリ平って野郎を倒しに行くのか行かないのか!

お前が決めろッ!!」






鷹砂「僕が、決める!?やれるのか、僕が!

僕が・・・ネツト先輩を・・・助ける!!!」





イズミ「聞こえる・・・昭次とベル子の無念がよぉ・・・Dライト!オメェを殺して入間あたりに不法投棄してやるッ!」







鷹砂「貴様の相手は…僕だ!!!」







イズミ「ククク・・・KPEの傘下に入り、Dライトの下にもつくか・・・この節操のない三下がッ!喰らえ!





ひぐらしのなく頃に煌の無駄にエロい演出群!!」






鷹砂「どわああああ!」








鷹砂「か、感じる・・・


『ひぐらしのなく頃に』がパチスロとして市民権を得るまでオーイズミが尽力したにも関わらず、アニメ版権と本編は他メーカーに横取りされてシリアスなひぐらしは一切使えなくなったオーイズミの憎しみが・・・」







イズミ「何を隠そう『ひぐらしのなく頃に』を横取りしたのは・・・Dライトなのさッ!」






鷹砂「D君がッ!?」





D君「・・・」





イズミ「声も出ないのさその泥棒は!知名度も世界観も崩壊したOVAを使わざるを得なかったオーイズミ開発陣の恨みを・・・味わえええええ!」




鷹砂「ぐっ・・・オーイズミの社員の気持ちを慮ると心まで侵食されてしまう・・・」





D君「鷹砂ォ!順押しするな!変則押ししろォ!!」






鷹砂「え?う、うん」ペシペシ






リール「(プルプル)」






イズミ「いかん!ヤメロォ!」








台「\\ボーナス確定!//」






イズミ「くっ・・・ペナBIGの存在を知っていたのかDライトめ!」






鷹砂「版権云々言う前にパチスロとしての仕様をなんとかしないとね!」






イズミ「やめろ鷹砂!7を揃えるな!ペナでボーナス確定画面なんてバグがわかったら撤去され・・・ッああああああああああああああああああああああああ!!!」







ああああああああああああああああ!!












————————————————————————————————————— 





鷹砂「勝った・・・」




D君「やったな鷹砂



鷹砂「でも・・・それはD君の声に助けられたから・・・





D君「いや違う。お前は自分の意思で変則押しした。鷹砂、胸を張れ!お前は立派なペナ辞めクソエナ野郎さッ!




鷹砂「D君ッ!(ガシッ)」









————————————————————————————————————— 



鷹砂「D君・・・ひぐらしを横取りしたって本当なの?」



D君「あぁ。本当だ。しかし覚えてはいない・・・」


鷹砂「!?」



D君「俺の中にはFィールズというもう一つの人格がいるんだ。そいつが勝手に動き出すとき、大体粗悪なパチスロが生まれる。」





D君「俺はFを抑え込む強い力を手に入れるためにもパチスロ学園を統一しなくちゃならない。」





鷹砂「D君・・・行こう。ネツト先輩のためにも自分のためにもオリ平を倒そう!


D君「人が変わったな。鷹砂!」







鷹砂「一度死んだも同然だからね!怖いものはないよ!さあオリ平がたむろしている部室はすぐそこだよ!」


※2017年4月1日で現実世界の高砂は消滅しました。







つづく



↑このページのトップヘ